音楽の話です、私のオススメ音楽。
スポンサーリンク

皆さんこんにちは暑いですね。

皆さん音楽は何を聞いていますか?

私はそうですヘヴィメタルです。

というわけなので今回は私のお気に入りの鋼鉄軍団からボーカル様を羅列していきます。

ヘヴィメタルという音楽はあまり評判が良くないのです。

ダミ声や高音で叫びまくるボーカル、

ゴチャゴチャしている楽器隊。

そんなの音楽じゃない!とまで言われたことがあります…

しかしヘヴィメタルはかなり細かいジャンルが沢山あり。

ゴツイ系のデスメタルからポップよりの音楽もありますので音楽じゃない!

など言わないでこの際皆で鋼鉄軍団に参加しましょう。

ちなみにYOUTUBEの動画を貼り付けようと思ったのですが、

著作権等の問題がいまいちよく分からず今回は諦め自作のイメージイラストを代わりに貼り付けようと思います…

妥協してすいません。

曲名をコピーしてYouTubeに貼り付けて聞いてください!どの曲もカッコよすぎ!

 

私のお気に入りヘヴィメタルボーカル

ダニエル・ハイメンさん

まずはロストホライズン!ロスホですよ!

ボーカルはダニエル・ハイメンさんという方です。

ものすごい高音声質で叫ぶ方で私が一番好きなボーカルでございます。

しかしあまりいいバンドに巡り合えないのか、

本人に若干問題アリなのかロスホのあとはHEED,LAVETT

というバンドやゲスト参加等で活動しており今はあまりぱっとしません

2019年になっても何しているのか謎です。

私のお勧めはロスホ時代のCry of a restless soul

という曲で2枚目のアルバム A Flame to the Ground Beneathに入っています。

というか2枚しかアルバムが存在しませんが。

ゴリゴリの感じがたまりませんね!

終始高音でいきなり音が飛んでさらに高音で叫んだりどうやって歌っているの?

という歌ですが流石ハイメン様ということでしょう。

次にHEED時代のAshesという曲ですね!間奏中のマグレを疑うほどのハイメンシャウトがすごすぎです!

そしてRunning from the shadows。

あまりエッジをかけないシャウトが聞けますその声のパワーが聞いているだけで疲れるほどのパワーです!

またこの時代のNothingというバラードがありましてゴリゴリのあとのバラードもまた最高です。

この方は意外にちゃんと歌えるんですね。

私は曲調的にはHEED時代の方がお気に入りなのですが Cry of a restless soulが最高すぎてたまりませんな。

ミケーレルッピさん

お次はイタリア人ボーカルです。

声楽を学んでいたらしく嘘みたいなクリアな声で叫びます。

そして安定感も嘘のような安定感でVISION DIVINE時代のLavita Fugge

という曲のライブを見ましょう20秒くらい叫んでいますがもはや合成を疑います。

しかしこの方もダニエルハイメン同様にあまりぱっとしません。

また私判断ですが致命的に曲が面白くないのです。

Another Dayという素晴らしいバラード曲がありますがなんとカバーです。

あとお勧めはOut of the mazeでしょうか。

曲はぱっとしませんがボーカルは凄すぎボーカルです。

シャウトだけでなく歌い声自体がとても奇麗なのでメタル初心者にも聞きやすいのではないのでしょうか?

チェスターチャールズベニントンさん

あのリンキンパークの世界的にも有名なボーカルです。

メタル!というメタルではありませんが私は大好きなボーカルです。

2017年に自宅でお亡くなりになりました。

原因は親友の後追いなど言われており、

いろいろなものを手に入れて幸せに見えますが非常にざんねんです。

皆でご冥福をお祈りいたしましょう。

さてチェスター様といえばやはりあのゴリゴリのシャウトでしょう!

またマイクシノダさんのラップとの絡みのボーカルも非常にカッコいいです!

私のお気に入りはGiven Upですね。歌い方からカッコいいのはモチロン、

ラスト前のロングトーンシャウトは聞いてるだけで息切れしそうになります。

落ち着いた曲もありますがやはりチェスター様の叫びが生きるゴリゴリの曲が私としてはお気に入りですな。

もう本人の声を聴くことは叶いませんがこれからも私は一緒に叫び狂っていきます。

私の初レビューでした。

初めてこういうことをしましたが、へたくそですねただの感想です。

まあとりあえずヘヴィメタルという曲はとりあえずスカッとする曲です!ぜひともカラオケでシャウトしまくりましょう。

高音が続く曲が多いのできついですが…

誰もが聞いたことある有名な曲もあるのでハマる人はきっとハマるでしょう!

この機会にさらにメタルの領域に踏み込みまくるのです!

スポンサーリンク
おすすめの記事