世界の不思議な場所と現象を7つ紹介!中には普通な場所も…
スポンサーリンク

この世には摩訶不思議な物や場所が沢山存在するのです。

ミステリーですね皆さんきっと大好きでしょう。発見されてからいまだに謎、ロマンが溢れます。

今回はそんなミステリアスな場所を記事にしてきました。

ぜひ皆さん行ってみてください。

私はお金が無いので行けません。

ナスカの地上絵

Monika NeumannによるPixabayからの画像
とても有名なペルーの世界遺産ですね!

場所はペルー共和国のナスカ川とインヘニオ川に囲まれた地域です。

あまりにもデカいので飛行機に乗って観に行きましょう。

一番大きい絵が約280mほどあり、近くに約20mの高さの観測塔もあります。

観測塔からは地上絵の一部が拝めますので旅行で行かれる方はぜひ利用してみましょう!

地上絵はいつどうやって描かれたの?

ナスカの地上絵が描かれたのは紀元前200年から紀元前800年ごろに古代インカ人に描かれたとされております。

ここまでデカい絵をどうやって描いたの?と思うことでしょうが

拡大法という描き方が今のところ有力な方法らしいです。

発見者は考古学者のポール・コソック博士という方です。1939年に見つけました。

現在日本の山形大学の研究チームが現地に研究所を設立して研究を続けているそうです。

応援しましょう!

2018年には25個以上の絵が新しく発見されました!

なんで消えないのか?

この地上絵は2000年以上も残り続けています。

なんで消えないの?

と思いませんか?

理由としては気候と描く場所です!

この地域は全く雨が降らない乾燥地帯です。

また風の影響も受けにくいらしいので雨と風による風化の心配がほぼありません!

また山形大学の調査によるとこの場所が絵を描いても消えにくい場所なんです。

古代インカ人がどうやってそれを調査したのかはさっぱりわかりませんが、

謎の技術があったのでしょう。

何の為に描いたの?

これらの地上絵はかなりデカいです、飛行機からじゃないと全体像を拝むことができません。

では一体何のために描いたのでしょう?

宇宙人の為にでは?という説があります。

もちろん否定されてはいますがロマンが詰まりまくっていますね!

実は「古代インカ人は熱気球で絵を観測していた」という説があります。

地上絵は儀式的な意味合いがあり神様に捧げていたらしいです。

私は夢のある宇宙人説をごり押ししますが、皆さんはいかがでしょう?

まだ謎が残っているナスカの地上絵です。これからも面白い発見があるといいですな!

タオスハム

アメリカのニューメキシコ州のタオスという街ではタオスハムという謎な現象が起こっています。

その現象とはそれは

ブンブンうなる音がどこからか聞こえる

という地味な物です。音はディーゼルエンジンのアイドリングみたいな音がします、地味です。

ですが住民はすさまじいストレスにいじめられているそうです。

この音は家の中の方が外より良く聞こえ、昼より夜の方が良く聞こえてきます。

また直接耳に聞こえる音ではありますが、機械などでの計測が出来ないというとても不思議な音です。

想像してくださいかなりうざいでしょう。

この音は1991年ごろから聞こえ始めてきたらしいです。以外に最近なんですね。

不思議なことに街の住人全員が聞こえるわけではなく、2%くらいの住人にしか聞こえないのです。

実は世界中でちょこちょこ発生してる現象らしく、原因は謎の不思議現象です。

リシャット構造

WikiImagesによるPixabayからの画像

アフリカ北西部のモーリタニアにある巨大な「サハラの目」や「アフリカの目」と呼ばれる謎の目玉模様です。

なんと直径50kmほどあり宇宙からでもはっきり見えるという物凄い大きな模様です。

隕石の衝突でできたクレーターかと思われていましたが今は否定されており、

現在は風化や浸食で柔らかい部分が削られてできたもの、と言われております。

自然の力でこんなにデカい模様が地面にできるってすごいですね。

個人的にはこれも宇宙人的な何かだと面白いのですが…

平将門の首塚

日本から有名な呪スポットです。

東京都千代田区大手町のビル群のど真ん中にある恐ろしやスポットです。

この首塚は取り壊そうとしたりすると呪われると言われていて

関東大震災後の跡地に大蔵省の仮庁舎を都市再開発として建てようとしたら、

省職員、大臣、工事関係者の不審死が起こり仮庁舎を取り壊す。

また第二次世界大戦後の区画整理のためにGHQがこの地を撤去しようとしたら、

不審な事故が起こったために計画をやめた。

という事件があります。

この首塚の周辺のビルは

  • 「塚を見下ろすことの無いように窓は授けていない」
  • 「塚に対して管理職等が知りを向けないように机の配置がされている」

という記事がありましたので

「へぇー」

と思って調べたらそんな事実は特にないそうです。

バミューダトライアングル

立ち入った船や飛行機がことごとく沈む魔の海域です!

ウィキペディアコモンズより引用

フロリダ半島の先端と

プエルトリコと

バミューダ半島を

結んだ三角系の領域、↑のイラストの明るい三角がそうです。

この海域に入ると方位磁石や計器がおかしくなり、

100年以上も前から100を超える飛行機や船と、

1000人を超える人が消息不明になっていると言われる恐ろしすぎる場所です。

有名になったのは「チャールズ・ベルリッツ」著書の「The Bermuda Triangle」からです。

この本は総発行部数500万部以上売れて

世界20か国語以上に翻訳された本です、凄い儲かったんでしょうね!

でもこの本に書いてある36件中23件はなんと事実の湾曲やでっち上げなんだそうです!

現在はハリケーン、操縦ミス、計器の確認ミス等であることが分かっているんです。

この地域はハリケーンや霧の発生が多いことで有名で

遭難の原因がハリケーンだと証明されている案件もあり、

さらに周辺に目印も少ないため遭難すると救助が難しく

さらにさらにこの地域にはメキシコ湾流という強い海流があり飛行機や船の残骸があっという間に流されていくらしいです

そしてこの地域の遭難件数が他の海域より多いという事実はないそうです…

その他の説

ブラックホール説

バミューダ海域には何故かブラックホールが存在し、

そのブラックホールに吸い込まれているのでは?

という説です。

コレは無いでしょう。

宇宙人説

宇宙人が飛行機や船や乗客を盗んでいったという説です。

宇宙人っているんでしょうか?

宇宙人がいるとして

この海域に何故かなんらかの繋がりがあり

何かをたくらんで人をさらっているとしたら凄いミステリーですが

無いと思います。

メタンハイドレート

メタンハイドレートについては↓を!

メタンハイドレートがら出てきた泡が船の浮力を狂わせたり

海中で爆発が起きその影響で船が沈んだり、

飛行機がメタンガスを吸い込んでしまって不完全燃焼を起こし、

出力低下から揚力が低下してしまい墜落する

と言われているらしいですが、

メタンガスと遭難の関係を証明できる物が無いらしいのです。

しかしこの説が今のところ有力?と言われています。

バミューダの現在

2000年に入ってからは事故の数は減ってきているそうです。

昔ほど「魔」っぽさがなくなってしまいましたが謎が全て消えたわけではないので新しい発見を待ちます。

青木ヶ原樹海

海外ではスーサイド・フォレストと呼ばれているまさに自殺の名所です。

一度入るとコンパスが無効化されて二度と出られないと言われています。

山梨県富士河口湖町・鳴沢村にまたがる森で富士山の北東にあるらしいです。

木が風でなびいている様子が海で波がうねっているように見えるので「樹海」と名付けられたという説があります。

樹海の噂

樹海からは抜け出せない

よく聞きます…恐ろしい…

ですがこの森はキャンプ場があり青木ヶ原樹海を通り抜けるように遊歩道も整備されていて普通の森です。

しかし遊歩道を外れてしまうと周りは

似たような風景

足場が悪いので真っすぐ歩けない

まさに遭難の要素満載の森に変貌します。

しかしよく考えるとどの森も似たようなものでしょう。

普通の森なのです。

方位磁石が死ぬ

コレみたいです。

地盤が溶岩でできているので含まれているう成分のおかげで多少狂うらしいですが

大きい影響は無いようです。

なんなら自衛隊が地図と方位磁石で樹海を制覇する訓練を行っています。

GPSも昔はあまり正常に機能しなかったようですが

現在は普通に使えるようです、技術の進歩です。

携帯電話さえも通信事業者の基地局が設置されていいて繋がりやすくなっているんです。

樹海には死体がそこら中に…

コレはあるようです。

どなたかのブログで頭蓋骨の写真が載っておりました…

木からぶら下がっているロープもあるようです…

しかし樹海が広いのでホイホイ見つかるものでは無いと思います。

樹海村の存在

実際に村はあり

衛星写真から存在を確認できるほど普通にあります、行ったことないんですけど。

ネットであるようなおどろおどろしている様子もなく

郵便局や学校がある普通の村です。

民宿があり、部屋から富士山が丸見えの酒が最高にまいうーな場所です!

周りが森なので空気もサッパリ!

のんびり旅行するには意外と良い場所だと思うんです。

ピラミッド

エジプトや中南米などに観られるデカい四角錐のデカい建造物ですね!

「金字塔」という言葉はピラミッドという意味もあるらしいですよ!

さてこのピラミッドは謎だらけなんです。

なんためにあるの?

王様のお墓と言われていますが

そうでは無い!とも言われています

なんとお墓が別に見つかったらしいのです…

じゃあなんのために!?

しかしそれが分かりません…

仮説としては

ピラミッドの仮説
金庫?

シェルター?

時計?

エジプトのピラミッドが作られた時期は解っているみたいなんです。

古代エジプト「古王国時代」という時期に現在のほとんどのピラミッドが作られたそうです

「古王国時代」は紀元前2100年前ごろから2600年ごろの約500年間

なぜそれ以降の時代に盛んに作られなくなったのでしょう?

どうやって作ったの?

ギザのピラミッドはとんでもなく精密に作られているんです。

ウィキペディアを見てみるとなんだかよくわからない数式が出てきます…

ピラミッドは4000年以上も壊れることなく形を保ち続けているんです。

こんなに頑丈な物を古代人はどうやって作ったのでしょう?

またピラミッドを構成している石も一つ一つ奇麗に正確に切り取られて使われているんです。

一体どうやって…

誰が作ったの?

今までは奴隷がムチを打たれこき使われて石を運んで作られた。

というイメージでした、北斗の拳のサウザー方式ですね。

しかし現在は考えも変わり

普通に対価を貰う労働者が雇われ

さらに技術者や専門家もいたと言われています。

現代で言うと現場監督と職人さんみたいな職場でしょうか?

労働者に住居を提供したり建設中に亡くなった方には王様の近くのお墓に埋葬される等

結構大事にされていたんです。

不思議な物は面白いです

世界にはまだまだ分からないことだらけなんですね。謎を解き明かすためにも学者さんには頑張ってほしいものです。

これから解明されていくものもあれば、新しく見つかるものもあるでしょう。

ブログのネタ探しのためにもやっぱり学者さんには頑張ってほしいものです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事