私のキャバクラのボーイ体験談。クソ大変です!
スポンサーリンク

男性諸君キャバクラは好きですか?そうですか好きですか。

私は3年ほどキャバクラでボーイのバイトをしていました。

人によっては華やかなイメージがあるかと思いますが、結構泥臭い仕事で、クタクタになります。

しかし経験を積んで自分のお客さんを持ったり、キャストさんの信頼を得たらすぐに認めてもらえます。

上手に立ち回れば結構稼げるかと思いますよ!それはそれでかなり大変ですけど…

今回は私が在籍していたキャバクラでの経験や体験談を記事にしますよー。

あんまりいないと思いますが、ボーイに興味ある方はとりあえず現実を見てくださいませ。

キャバクラボーイの仕事

キャバクラのお仕事にどんなイメージをお持ちでしょうか?

お店の雰囲気によって方向性は違いますが、私が在籍していた高級志向のお店の話をしたいと思います。

あんまり良い印象が無い世界だと思います。

私が働くきっかけは、

「人がいないから」

という典型的な何も考えていない人っていう感じでした。

そんな私のキャバクラに対する印象も激悪で、最初はかなりビビっていました。

でも今の時代規制が結構きついのでボーイさんは意外に真面目に働いているのです。

パシリ

基本はパシリです。特に最初の方はパシリです。

夜の12時にケーキを買いに行かされます。

「そんな時間にどこに売ってるの?!」

というような正論は通用しません。コンビニを走りまわり、ケーキっぽい物を探してくるのです。

ケーキはまだいい方です。生理用品です。普通こんなもの男に買わせます?

生理用品を片手にレジに並ぶスーツ姿の男…。

最初の方は戸惑い、誰がどう見ても不自然ですがとりあえず一生懸命に平然を装います。

しかし人間という生き物は凄い生き物です。慣れるのです、なんなら休憩時間です。

そして私のパシリ経験の中で一番困ったものは化粧品です!

世の男性諸君!付けまつげに種類があるって知っています!?知っていたとしてもどれも一緒にしか見えません!

一応見本を持たせてくれるのですが、知るわけありません。

そんなボーイは自分よりも年下の女の子にペコペコしなきゃいけません。なのでプライドの高いそこのアナタ!

向いてませんわ!

ウェイターさん

ボーイの仕事はパシリだけではありません。ウェイター作業があります。

トレンチと呼ばれるお盆を指で支えてあちこち動き回るのですが、これが激ムズなのです!

慣れると親指、人差し指、中指の3本指で支えてお酒の入ったグラスを載せながらホール内を爆走できますが、

働き始めのころは全然無理です!重くてまったく持てないのです!

無理をすると

ドガーン!!

とひっくり返してしまうのでよちよち歩きになりますが、

そうすると先輩や上司に

「邪魔だ!どけ!」

と怒鳴られますので、かなり嫌になります。

またキャバクラは基本的に時間制です。その時間の管理をしなければなりません。

テーブルは1時間そしてテーブル一つにつき女の子が20分ほどで交代していきます。

暇な時はいいですが、忙しくなってくると時間の管理で他の事なんて考えていられなくなってきます。

そういう時に話しかけてくる女の子。彼女たちは何も悪くありませんが、

かなりイラっとします!!!

「話しかけんじゃねー!!」

そんなことは決して言ってはいけませんが、顔にモロに出るために女の子にドン引きされます。

接客

接客もボーイの大事な仕事です。

しかしほとんどのお客さんは酔っぱらっています。またはベロベロです。

そんなオッサンとくそ忙しい時に話をするのです。

これが仕事とはいえかなり苦痛!

中にはこちらが使う無線機にいたずらを仕掛けてくる暇人もいます。酒飲んでろ!

キャバクラボーイの良いところ

愚痴しか書いてませんでしたが、良い面もあります。

色んなお酒が飲める。

キャバクラは高くて普段の生活では飲めないお酒が沢山あります。

もちろん勝手にガバガバ飲むわけにはいきませんが、お客さんと仲良くなると飲ませてくれるのです!

ドンペリやクリスタルなどのシャンパンからシャトーマルゴーというワインから色々飲ませてもらえます。

私が在籍していたお店のドンペリのゴールドは40万円ですよ!

しかし忙しい時に誘われると

「なんで今……」

となりますが、それでも貧乏人が普段飲めないようなものをタダで飲めるので儲けものです。

ちなみにドンペリは結構マズイです。クリスタルはまいうーです!

色々な話や体験が出来る

普通の世界から外れた世界なので、色んな人がいます。

ボーイ仲間でも変な人がいっぱいいます。

真面目で為になる話から、グレーな話まで色々聞かせてくれるので結構楽しいですよ!

特に凄いのはお金持ちの金銭感覚です。

毎週来て10万あたりまえのように使う人や、

女の子の誕生日パーティーに500万も使う人など意味がわからん金銭感覚をしています。

ドン引きしますが、1日であり得ない額が動いたりするので世界観が妙な広がり方をし

金銭感覚がおかしくなります。

興味ある方は働いてみましょう。

キャバクラは華やかな世界だと勘違いして女の子とくっちゃべってばかりいると、

すぐに冷たくあしらわれます。

ですが真面目に一生懸命働いているとボーイ仲間だけではなく女の子やお客さんに認められるとても分かりやすい世界です。

周りの人から変な目で見られる仕事ではありますが、私はキャバクラで仕事に対する姿勢や責任感を教えてもらいました。

お店によって良い、悪いはありますがそこは普通の企業と似たようなもんでしょう!

普段の生活では絶対できない体験が出来るので、興味がある方は是非!

スポンサーリンク
おすすめの記事