放射性廃棄物とは?世界最強のゴミです!
スポンサーリンク

日本って世界で一番ゴミを焼却している国みたいですよ。

ゴミって燃やせたり、燃やせなかったりと色んな種類がありますが、

その中でも放射性廃棄物!コイツどうするのよ!

っていうお話ですよ。

日本や他の国はこの最強のゴミをどうするのでしょう?

解決方法はひらめいたの?

っていうお話ですよ。

放射性廃棄物って何

放射性物質や放射線に汚染されてそのまま廃棄される物を放射性廃棄物というんですね、

要するにゴミです。

原子力発電所から出てくるゴミっていうイメージがありますが、

病院や研究所や工場などからも出てきます。

それを高レベル放射性廃棄物低レベル放射性廃棄物と二つにわけていますね。

高レベル放射性廃棄物は原子力発電で出た最後の最後に出てくる廃液を溶かしたガラスに混ぜて固めた物で

「ガラス固化体」という物です。

強力な放射線を出しまくっています、これが最強のゴミです。

この二つを分ける基準はなく、高レベルではない放射性廃棄物を低レベルと呼んでいるらしいです。

この厄介なゴミをどうするかという問題に皆が悩んでいるんですね。

何故最初にこの問題について考えなかったのか?というと

「そのうち何とかなるべ」

とほっといたら現在まで何とかならなかった。

ということです。

放射性廃棄物の処理方法は?

このゴミは毎年1000トンも爆誕しております!1000です!トンです!

コイツらをどうしているのかと言うと…

埋めてしばらく放置するんです…

現在の人類の化学力では放射性廃棄物が出す放射線をどうにかするのはかなりムズイと言われていて、

ほぼどうしようもない感じなんです。

「トイレなきマンション」

と言われていますね、処理をする場所や方法がないんです。

なので冷やして地下深くに埋めてしまおう!ということです、その深さ300mです。

放射線はだんだん弱くなっていくのでしばらく待つと自然界に存在するくらいのレベルまで弱くなります。

この期間ことを「半減期」と言うんです。

そのくらいのレベルになると大した影響は無いからそれまで待とう!という作戦なんですね。

しかし冷却期間に約50年ほどかかるそうです…

そしてその後の放置期間は数万年です…

数万年後は一体どうなるのでしょう?誰か教えて。

放射性廃棄物の解決策

このゴミは困った物なんです。

福島原発の事故で原子力発電所の利用について色々言われておりますが、

私自身も使わない方向で考えたほうがいいのでは?と思っています。

危ない物は危ないし、ゴミは出すしでそろそろ卒業しましょう。

ということで私が色々調べて考えてきました!

核融合

夢の太陽エネルギーです!太陽光ではなく、太陽を作り出しているエネルギーです!

前書いた記事があります!↓

しかし技術的などの問題で現在は無理です…

他の発電

コレが一番現実的!

よく「原子力が生み出している発電量は凄い!」

とか言うことを聞きます。

原子力が止まると日本の電力がまかなえないよ!

ということなんでしょう。

現在の日本全体の発電量のうち原子力が補っているのは20%ほどだそうです。

しかもなぜか運転休止中の水力発電所や火力発電所もあり、

コイツらを動かすと原子力が無くても十分電力は足りるそうです。

じゃ原子力いらなくね?…

現代の錬金術、核変換

原子力が出すゴミをどうするか?

どうしようもないと思っていたこの問題を解決するために研究されているのがこの

「核変換」

です。

核分裂反応で爆誕した放射線を出す物質をまた反応させて別の物質に替える作戦です!まさに錬金術!

上に書いてある放射線が弱くなる期間「半減期」

物によって違いがあり、短い物では数分や数日など我慢できる範囲なんですが、

長い物は数万年から数億年です、

この長い期間かかるヤツらをもっと短い期間のヤツに替えるわけです。

核融合や核分裂はこの

「核変換」

の一種だそうです。

放射性廃棄物についてでした。

放射線をまき散らし、

処理方法も現状では無いといううざすぎるゴミの放射性廃棄物

一応解決の兆しが見えたり、見えなかったりです。

核分裂の技術を他の国に対するビジネスとして国が使っているそうなので原子力発電所は簡単には無くならないと思います。

我が国も解決になるような物に投資をしてくれればと思うんですけど

スポンサーリンク
おすすめの記事