地震の起こり方って何?対策法って何?
スポンサーリンク

私は沖縄出身なんですけど沖縄って地震が本州と比べると少ないんです、

本州は本当に多いですねさすが地震大国。

ところで地震ってどうやって起こってるの?

対策法って?

を教えます!

地震、雷、火事、おやじ、

の地震です!

地震の起こり方

私がイラストで分かりやすく説明!

分かりますか?…

津波の記事を書いた時のイラストなので使いまわしです。

とにかく

プレートがプレートに引っかかっり、

引っ掛かりが外れた時の衝撃が伝わって地震になる!

ってことが言いたい絵です。

このプレートとプレートの間に近い国は地震の被害にあいやすいよ!ってことが言いたい絵です。

スポンサーリンク

地震が起きた時の対策法

私たちが出来る事は地震が起きた時に上手に対処するしかないのです!

家の中

私たちが一番無防備でスキ丸出しの空間が家です!阪神大震災は夜に来たので被害が大きかったと言われていました!

普段裸で過ごしているアナタ!寝る時くらいは服着ろよ!

家具は固定して倒れないようにするのはモチロン、

家の出入り口の周りにはデカい家具を置かないように!

料理中や暖房を使っていてすぐに火を消せるなら消しましょう!

まずは机の下などに隠れて頭をガードです!

揺れが止まったら風呂桶に水をためた置きましょう!

トイレの水です!トイレが流せなくなるのでかなり困るみたいなんです!

そして緊急用の食料や水を持っておくといいです!

私もいつの間にか持ってます!

他の建物

もし買い物中などでデパート的な建物内にいる時に地震が来たとき、

ビビって慌ててはいけません、ばたばた走り回ってもかえって危険です。

恐らく周りにも沢山人がいると思うのでその中に巻き込まれ、将棋倒しにならないようにしましょう。

とりあえず係員さんの指示に大人しく従うように。

もし係員さんの指示が無い場合…

かなりテンパると思うんですけど、揺れに耐えながら頭を守るということが正解らしいです。

周りにあるものをうまく使いましょう、たとえそれがお店の商品などでも関係ありません、

自分の身が大事です。

もしエレベーターに乗っていたら…

即刻下りるんです、

最近のエレベーターならある程度の揺れに耐えられるように設計されている、

なんて考える必要はありません。

一応地震が来たら近くの階で止まってくれるみたいですが、

一応全部の階のボタンを押しまくりましょう!

外にいる時

東京などの都会は外にいても物だらけなので危ない事だらけです。

ブロック塀が倒れてくるかもしれませんのでなるべく壁から離れると良いです。

ビル街はもう最悪です。

割れたガラスがゴリゴリ降ってくるかもしれません。

折り畳みのヘルメットがあるので持っておくといいかもです。

また津波が来るかもしれません。

津波についての記事です↓

山の斜面は落石などがあるのでさっさと離れたほうがいいと思います。

車を運転しているのならハザードランプを付けてゆっくりと端に止めて、鍵を刺したまま揺れが収まったら車から離れましょう。

カギを抜いちゃうと緊急車両の邪魔になった時にどかせなくなっちゃます。

地震は怖いのです。

日本は地震などの自然災害が多いという最悪な環境の持ち主ですが、

しょうが無い物はしょうがないのです、うまく付き合っていくしかありません。

地震はふいうちでメガトンパンチをお見舞いしてくるので日本の自然災害でも最も怖いものだと思います。

現在の科学では予知も難しいのでいざという時の為に備えることしかできません。

普段から油断せずにしておくのです!

こういう時にご近所付き合いなどの団結力や絆が大事になってくるんでしょうね。

スポンサーリンク
おすすめの記事