デジャブとは?その原因とデジャブにあいやすい人!
スポンサーリンク

皆さんデジャブって経験あります?

「あれこの風景どっかで…」

みたいなヤツです。

一瞬

「お!」

と思う謎現象ですがなんのために起こっているのかわかりません。

それは

再現するのが難しいから!

らしいのです。

もしこの意味不明な現象をマスターできたら…

ないかの役に立つ!

ことは無いと思うんですけど暇つぶしにはなる?…

とりあえずこの現象について調べたので暇人の方、

是非マスターしましょう。

ちなみに私の今年のデジャブは約3回です。

そもそもデジャブとは?

フランス語らしいです、→ “déjà vu”

日本語で「既視感」というヤツで

全く体験したことない事をどこかで体験した事があるように感じる

という不思議現象です。

この言葉はフランスの超心理学者1917年に

「エミール・ブラワック」

という方が執筆した

「超心理学の将来」

のなかで提唱されているらしいです、そこそこ古い歴史があるんです。

不思議な現象と言ってはいますが一般大学生の72%ほどが経験しているらしく、

大して珍しいものでは無いのです。

しかしこの現象、上にも書いたように再現するのがムズいので研究しようがなく、

何が何だかわかっていないらしいんです。

デジャブの原因?

そんなデジャブの原因はコレ?

無意識記憶?

アナタが何かを体験したとき、

しっかりと記憶している部分と

ぼんやりと無意識に記憶している部分があるみたいなんです。

その過去の無意識の記憶が今実際に体験している事と重なる部分があると

現在体験している事を

「アレ…この風景どこかで…」

となるみたいなんです。

前世の記憶?

ここでちょっとスピリチュアル。

前世の記憶という物があるかどうかわかりませんが、

「アレ…この風景…」

と思ったときは前世でその場所に縁があったのでしょう。

右目と左目の記憶の誤差

人間の目には利き手と同じく効き目という物があるんですね。

何かを見た時に効き目が先に認識し、記憶しているらしいんです。

その後に片方の目が認識し、記憶しているっぽいんです。

その時間差がデジャブを生み出しているということです。

「アレ…この記憶…」

となった時、

今さっきの記憶でんがな!

こんな人はデジャブ

ネットデジャブに合いやすい人っていうのを見つけました。

この特徴に合う人はデジャブマスターに近いかもしれません。

旅行が好きな人

デジャブは今経験中の記憶と

「アレ…」

記憶の繋がりがあると起きやすくなるみたいです。

ということは色んな記憶がある方がデジャブが起きやすいんでしょう。

旅行に行くと色んな体験をしますね。

そのほとんどは記憶に染み付くものだと思うんです。

その記憶が何かの体験と結びつくとデジャブがおきるんですね!

私が半年ほどで3回デジャブを経験したのは転職して新しい経験をしたからだと思うんです。

15~25歳の若者

この年は進学や社会人一年目になるなど色んな事が起こる時期です。

↑の話に似ていますがこの時期に起こる色んな経験が色んな体験と結びついてデジャブがおきるのでしょう。

感受性が豊か

コレが一番重要だと思うんです。

色んなものに感動したりするとそりゃ記憶に残るでしょう。

今年の私は感受性が豊かということですな。

強いストレス

ストレスを受けると脳みそが錯覚等を起こしやすくなるらしのです!

さらに精神的ストレスが引き起こす記憶障害も原因かもしれません!

しかし詳しいことは解っていません!

デジャブでした。

この不思議現象のことは残念ながらほとんどわかっていません。

↑のデジャブに合いやすい人の特徴をまとめると

・若くて

・旅行好きで

・感受性豊かで

・疲れている…

ということになります…

上の特徴に当てはまる暇人の方!デジャブを意識してマスターしましょう!

そしてやり方を教えてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事