ジャーニーの曲と新・旧ボーカル。凄い良いバンドです!
スポンサーリンク

ジャーニーです。

いや本当にいいバンド。

若い人知ってる?

といっても現在31歳の私が生まれる前から存在するバンド何で私も世代ではないですが…

さて

洋楽ロック聞きたいけどゴリゴリロックは苦手

というアナタ。

ジャーニーです。

ここから洋楽ロックに突入するきっかけを作りましょう。

ジャーニーとは?!

アメリカ産のロックバンドです!ボスはニール・ショーン!

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに手形と名前が刻まれている凄いバンドです!

私的にはロックにしてはやたら奇麗な感じがします。

それはボーカルの偉大な影響でしょう、とりあえずサイコーなんです。

とても有名な曲が多いのでバンド名は知らなくても曲は知っている人も多いでしょう

聞きやすい曲が多いので洋楽に興味がある方にお勧めです!

バンド結成時からのメンバーは

「ニール・ショーン」だけ

というまさにニール・ショーンのバンドです!

2019年現在のメンバーは

ジャーニーの現在のメンバー
アーネル・ピネダ(ボーカル)

ニール・ショーン(ギター)

ロス・ヴァロリー(ベース)

スティーブ・スミス(ドラム)

ジョナサン・ケイン(キーボード)

1973年から活動している歴史あるバンドなんです。

がしかし初めからバカ売れしていたわけではないんです、

「ロバート・フライシュマン」というボーカルがツアー中に解雇されるというトンデモナイ事件があり、

このバンドに救世主が現れます!↓

旧 スティーブ・ペリー

このお方です、現在なんと70歳!

「マイケル・ジャクソン」達と「We are the world」を歌ったマジ凄いお方です。

どこから声を出しているのか謎でやたら奇麗なハイトーンボイスが必殺技。

モチロン歌お上手です。

ロックボーカルっぽい細い芯強めの声ではなく、

柔らかふんわりとしたハスキーな声で本当に楽器みたいです、伝わるか?…

彼の声に関しては言うことはないですね本当に凄い声。

こんなボーカルを拾ったジャーニーというバンドがラッキーなのか。

それともニール・ショーンが凄いのか…

しかし1987年のツアー中に脱退しちゃいます!

しかし1996年に戻ってきます!

しかし1998年に脱退しちゃいます

どうやら退行性骨関節疾患という病気だったみたいです…

救世主が抜けてしまいピンチかと思ったこのバンド…

しかしまた救世主がやってきたのです!↓

新 アーネル・ピネダ

凄い生涯

フィリピン出身の新ボーカル!

なんと現在52歳結構いい年!ジャーニーの歌キツクない?!

映画の様な人生を送っている方です。

子供の頃は家賃を1年近く滞納してしまうというビンボー生活を送っていました。

しかもその後2年ほど路上生活を送るという本当に苦労人です…

しかし彼には夢があったんです!

それはシンガーになるという夢が…

それにしてもタフです。

無名の頃から実力はあったそうですね。

大会の予選を1位で通過したりしています、歌旨いですもんね。

麻薬中毒などでのどを潰しかける事件を乗り越えピネダさんにある声がかかります。

スティーブ・ペリーがいなくなってしまったジャーニーのニール・ショーンからです。

ニール・ショーンがyoutubeを見た時、

ピネダさんのバンドがジャーニー曲「faithfully」という曲をカバーしているのを発見!良い曲です!

最初ニール・ショーンからオーディションの誘いを受けた時はイタズラと思ったそうです、

そりゃそうです。

見事オーディションを合格!

ジャーニーの新ボーカルとなったのです!凄すぎ!この時40歳!

恵まれなさすぎる人生でも夢をあきらめずに頑張った彼。

そんな彼が現在「Don’t Stop Believin」を歌っているのです!なんの映画?

実際に映画になっていて2013年に「Don’t Stop Believin’ ~The Everyman’s Journey」が製作されています!

私が思うピネダの声

ピネダさんの声はスティブ・ペリーとよく似ています。

そして歌い方も似ています。

しかしただ似ているだけのモノマネ男でしたらこんな大成功を勝ち取っていないと思うんです。

ピネダさんの方がちょっとだけ太く芯がある気がします、個人的にですが…

ライブ映像を見ると高音はスティーブ・ペリーほど高音を出すのはさすがにキツイようです。

でも十分パワフル!声量も凄いです!アジア付近にこんなヤツがいたのか…

歌唱力はモチロングンバツ!

現在アジア~東南アジアで最強クラスのボーカルでしょう!

「Don’t Stop Believin’」を体現する彼の人生。

そしてスティーブ・ペリーの後継者にふさわしい声が彼の魅力です!

バンドメンバーから

バンドメンバー
風邪を引いても大抵の歌手よりうまい

と言われるアーネル・ピネダさんを応援しましょう!

ジャーニーのオススメはこれ!

 Faithfully

スティーブ・ペリーです!フロンティアーズというアルバムです!

私のベストジャーニーですね!とっても奇麗なバラードです。

スティーブ・ペリーの声、演奏全てが大好きな曲です!

終盤のギターとスティーブ・ペリーの歌声が本当に素晴らしい。

本当に聞いてください、マジ良い歌!

 Separate Ways

アーネル・ピネダさん、本当にそっくり!

目をつぶったらどっちかわからん!

この曲はフロンティアーズというアルバムで聞けます。

イントロがいいんです、ていうかアーネル・ピネダが凄すぎ…

モチロン本家スティーブ・ペリーも凄いです!

ちょっとだけハード?でも聞きやすい曲です!

Don’t Stop Believin’

アーネル・ピネダさんです!エスケイプというアルバムに入っています!

この曲をアーネル・ピネダさんが歌うと本当に感動!ご利益あるんじゃ…

いまさら言うことないくらい有名な曲です、

明るくてポジティブになれます!

Wheel In the Sky 

スティーブ・ペリーです!インフィニティというアルバム!

サビのリズム・フレーズがお気に入りの曲です。

原曲はライブと違ってもうちょっとしっとりロックって感じです。

それにしてもスティーブ・ペリーやっぱり凄いです。

Lights 

スティーブ・ペリーです!こちらもアルバムはインフィニティ!

超しっとりです。

よくこんな曲かけたなっていうぐらい奇麗な歌ですね。

ロックというよりはブルース?シンプルで聞きやすいんです。

 Lovin’, Touchin’, Squeezin’

スティーブ・ペリーです!エボリューションというアルバムです!

ブルース?ジャズ?みたいな曲調が最高です、そしてスティブ・ペリーの声の奇麗さといったら…

シンプルですが何回聞いても飽きません、そして最後のなーなーな。

ジャーニーでした!

ロックバンドですが荒々しいパワフルなロックというよりかはとても奇麗なイメージです。

長いバンドの歴史を

  • スティーブ・ペリー
  • アーネル・ピネダ

の素晴らしいボーカルが支えていますね。

本当に素晴らしいバンドなんです。

洋楽に興味があるアナタ!

ジャーニーよくわからんってアナタ!

ぜひ!

スポンサーリンク
おすすめの記事