U2とはどんなバンド?ずっとオリジナルメンバーの仲良しバンド!
スポンサーリンク

U2です!ボノ良い声!

U2がなんだか気になる。

というアナタにこう言いたいです。

ただ売れて有名なだけのバンドじゃない!

今回は

色んな賞を受賞しまくるメイドインアイルランドのロックバンドU2

その偉大っぷりを私の勝手な考えを交えて紹介する!

 

U2ってどんなバンド? ずっとオリジナルメンバーの仲良しバンド!

コレ凄いと思うんです!

本当に仲がいいのかはちょっとわかりませんが…

海外のバンドって結構メンバーの入れ替わりが激しいんです。

メタルのギター早引きで有名な「 イングヴェイ・マルムスティーン 」は自分のバンドのボーカルをコロコロ変えちゃいますし、

「ガンズアンドローゼス」はギターのスラッシュが一時期いなくなっちゃいました。

マリリンマンソンなんかマリリンマンソンからマリリンマンソンが抜けるという噂まであったくらいです。

その人抜けていいの?みたいな人でも簡単でどっか行っちゃいます。

でもU2はデビューから現在まで脱退、変更なく活動しているんです!

ちなみにメンバーは

ボノ (ボーカル・ギター)

ジ・エッジ (ギター・ピアノ・ボーカル)

アダム・クレイトン  (ベース)

ラリー・マレン・ジュニア  (ドラムス・パーカッション)

となっています

凄い売れてる!

今更ですが凄い売れてるんです。

グラミー賞と観客動員数の2つで説明する!

グラミー賞

この賞は「世界で最も権威がある音楽賞」の一つと言われています。

U2は22回!

この数字はグループでは史上最多!ということはロックバンド史上最多

戦争や人権問題などをテーマにするのでそんな部分が評価されているんでしょう。

収益・観客動員数

ライブの規模ももの凄いバンドです。

その規模、動員数は世界最大で2005年のコンサート収益1位は「Vertigo Tour」

2011年のコンサート収益1位は「U2 360° Tour」です!

儲かっているんです!実際に「歴史上で最も成功したアーティストグループツアー」と認定されているんです!

さらに「米国での単独公演動員記録」ウィキペディアより↓

1. U2:97,014人

(2009年10月25日、カリフォルニア州ローズ・ボウル・スタジアム)

2. U2:86,145人

(1987年9月25日、ペンシルヴァニア州ジョンF・ケネディ・スタジアム)

3. U2:84,754人

2009年9月29日、メリーランド州フェデックスフィールド)

4. PINK FLOYD:75,250人

(1994年5月29日、オハイオ州オハイオ州立大学スタジアム)

5. BACKSTREET BOYS:73,337人

(2000年2月19日、ジョージア州ジョージア・ドーム)

ピンクフロイド!古い!

凄い記録です、3位と4位の差が中々の物です。

ちなみにトータル・アルバム・セールスは、1億7,000万枚超!

一枚一円としても凄い値段!これからも売れ続けるでしょう!

しかしただ儲かっているだけじゃないんです↓

慈善活動・チャリティーもする!

U2で慈善活動・チャリティーと言えば「ボノ」でしょう。

ボーカル「ボノ」についてはこちらをご覧ください↓

でもバンドでの取り組みも行っております。

1992年から1993年にかけて行われた「ZOO TV TOUR」ではライブ中にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下だったサラエヴォの悲惨な状況をお客さんに見せ、

1997年に北大西洋条約機構(NATO)平和維持軍監視下のサラエヴォで「POPMART TOUR」を開催した時、ボスニア紛争停戦合意後でした。

そこで「 POPMART TOUR」の入場料収入をボスニアの戦争孤児支援基金「ウォー・チャイルド」に寄付したのです!

それも全額です。

そりゃ色んな賞ゲットします。

U2が来日するぞ!

場所はさいたまスーパーアリーナ

日付は12月4日、12月5日

THE JOSHUA TREE TOUR 2019!ということで彼らがいらっしゃる!みんなチケット買えたの?

このツアーのチケット「 RED ZONE 」はお値段60000円!

クソ高いですが、この値段の一部が(RED)というボノが共同創設者として初めたHIV/AIDSの治療支援のためのプロジェクトの基金となっています。

さすがです…

U2でした

ずっと一緒の仲間で活動し、

慈善活動・チャリティー活動もする。

凄い良いバンド!だと思いません?

ただ売れているだけのバンドじゃないってわかってくれたでしょう!

そこそこ古くからいるバンドではありますが曲も良いです。

バンド事態が良くて、曲も良い。

最強のバンドやん!

スポンサーリンク
おすすめの記事