アフリカゾウが絶滅危機に!その理由とは?
スポンサーリンク

なんとアフリカゾウが絶滅の危機です。

陸上で一番デカい動物もピンチに襲われています!レッドリストに載っています!

あんなにデカくて強そうなのに一体なぜ?
この記事の内容
絶滅の理由

アフリカゾウの現在

対策

を書いております!

まず初めにレッドリストとは?

国際自然保護連合(ICUN)が作成した絶滅してしまいそうな野生生物のリストをレッドリストと言います

The IUCN Red List of Threatened Speciesが正式名称です。

↓こういうカテゴリー分けがされています、アフリカゾウは絶滅危惧の中の危急(VU)になっております。

 
絶滅

絶滅(EX)

野生絶滅(EW)

絶滅危惧

絶滅寸前(CR)

絶滅危惧(EN)

危急(VU)

低リスク

保全対策依存 (CD)

準絶滅危惧 (NT)

低危険種 (LC)

その他

データ不足(DO

未評価(NE)

 

https://www.wwf.or.jp/activities/data/20180615_wildlife03.pdf

↑こちらにわかりやすく詳細が載っています、気になる方はご覧ください!

この記事を作成するにあたり主に↓のサイトを参考にしております、気になる方はこちらもご覧くださいませ!

認定特定非営利活動法人アフリカゾウの涙
Authorized Non-profit Organization Tears of the African Elephant

WWFジャパン

https://www.wwf.or.jp/activities/activity/303.html

スポンサーリンク

絶滅の理由は?

ゾウは基本的に敵はいません。

子供が襲われたり、ライオンの群れに襲われたりすることはありますがそれでもあの体格です、

密漁

主に象牙です、中にはゾウの皮目的の密漁もあるんです

ワシントン条約が締結されるまでに象牙を一番消費した国はなんと我が国「日本」です…

象牙は金属より加工しやすく、適度な硬さを持ち、吸湿性も良いということで重宝されたんです、

また象牙は豊さの象徴として求められていたんです!

ちなみに日本で象牙が何に使われているかというと「ハンコ」です…

なんと日本で象牙の80%はハンコになっているんです!

これからは「IT」の時代です!ハンコもういいでしょ!

また中部アフリカでは2000年代以降に起きた内戦でゾウの密漁が頻発、

ゾウだけでなくレンジャーたちまで密漁者により命を落としていています。

ゴリラの記事でも書きましたがレンジャーの方が密漁者により命を落とすことは結構あるんです。

環境破壊

電子機器に使われているコルタンとうレアメタルを取るために行われる採掘がゾウだけではなく、他の動物の住処を破壊しているんです!

環境破壊は本当に色んな影響があります。

リサイクルや他の使える物を探すなどで対策を考えないとどんどんマズイことになると思います。

現在は?

1930年にはアフリカ大陸に約500~1000万頭ほどのアフリカゾウがいたそうです、しかしそれが2013年には1%以下の45万頭ほどしか残っていないんです。

1960年~80年代に密漁でアフリカゾウは一気に現象しました。

しかし南部アフリカ周辺の国では象牙の取引を自然死したゾウから集めて管理し利用しているんです、このような国も存在しています!

アフリカゾウの生息数は生息している国、地域によって違いがあり、どのような政策を行えばいいかという方向性もバラバラになってしまうので対策が難しいのが現状です。

また南部アフリカではゾウが増加していて人間側がゾウの被害に困っているとう現状もあります…

本当に難しい問題ですね…

対策

ワシントン条約

この条約の力は強いようです。

ワシントン条約によって動物だけでなく牙や毛皮の取引も規制がかかり、取引にかかわった国全てが取り締まりの対象となるのです!

しかしアフリカなどでは規制がかかってもまだ密漁はあります…

ワシントン条約に違反すると知っても知らなくても罪となって税関で罰金や輸入品の没収となります。

拒否すると…刑事裁判にかけられます。

税関のチェックを受けずに持ち込むと5年以下の懲役、または50万円以下の罰金

条約違反の輸入は外国為替及び外国貿易法違反となって100万円以下の罰金、または1年以下の懲役となります。

ゾウを養子に!?

  • 世界自然保護基金(WWF)
  • 世界動物基金(WAF)
  • ボーン・フリー(Born Free)

などの自然保護団体を通してゾウの子供を養子にすることができるんです!

もちろん引き取ることはできませんが募金することでゾウの保護に投資することが出来るシステムです!

象牙

象牙の代わりにマンモスの牙を使うことが出来るんです!

マンモスはすでに絶滅しているので規制の対象にはならないんです!

しかしゾウの牙をマンモスの牙と嘘をついてまでお金を儲けようとしている方もいるんです…

アフリカゾウの絶滅でした!

ライオンやゴリラなど誰もが知っている動物が絶滅しそうです…

そして我が国は象牙大国です!象牙はもうやめましょう!

増えすぎたゾウに人間が困るという問題もあります…現地の方は本当に大変です…

しかしいなくなるよりはいいと思います!

困っている方には申し訳ないと思いますがゾウの繁栄をもう一度!

スポンサーリンク
おすすめの記事