筋トレ初心者の筋トレ道具は3種類で良い!とその理由。

いざ筋トレを始めるぞ!と意気込んだものの

意気込んだものの道具はあった方が良いのか?
それとも慣れてからで良いのか?
と悩むことだと思います、お金かかりますし…

しかし

筋トレ必須アイテム

ダンベル

懸垂バー

プロティン

はそろえるべし!

確かにお金かかる!が自重の筋トレは本当に筋肉がつかない&自重で鍛えるにはキビシイ筋トレがあります!

この記事では筋トレグッズの重要性を書きます!

何故筋トレグッズが必要か?

自重筋トレの限界

腕立て等の自重筋トレは思い立ったらすぐできるのです。

ですが筋肉痛が出てくるほど負荷がかかるのは最初だけです…

毎日自重筋トレをしていると2ヵ月目くらいで早くも筋肉痛が消え去り、

毎日元気に筋トレできるようになります。

負荷が軽いのです!

モチロンゆっくり筋トレする等工夫をする、

片手腕立てなどかなりキツイ種目をする

などの負荷を増やすことは出来ますがゆっくり筋トレは限界がありますし、

片手腕立てなどの種目はそもそもかなり筋力が必要です。

私が自重で筋トレする時は

ダンベル使う

自重で追い込みまくる

とダンベルでいじめまくった筋肉を負荷の軽い自重で追い込みます!

ダンベルで追い込んだ後に使ったダンベルのプレートを変えて重さを軽くしてダンベルで追い込む。

という作業がメンドイので負荷の軽い自重筋トレは最後の追い込みにはピッタリだと思います!

また筋トレをしたことが無いという方は最初自重で筋肉を使う感覚を養う作戦もアリだと思います。

ですがあっという間に負荷が追い付かなくなります!

毎日筋トレしていると想像以上にあっという間です!やはりスクワットは結構疲れますが…

自重がダメ!という訳ではありません。

色んなサイトを見ていると負荷が足りなくなるので、

いずれ筋トレの道具は必要になると書いてありますが

アレマジです!

自重で鍛えるのが難しい筋肉がある。

肩と上腕二頭筋と背中(懸垂)です!

私はペットボトルに水を入れて上腕二頭筋を鍛えていましたがメンドイです!

またダンベルを使って背中を鍛える事も大事です。

背中はぶら下がれないと出来ませんし、

普段筋トレをしない方はぶら下がっても体を引き上げることがかなりキツいでしょう。

懸垂はそれほど大変な筋トレです。

現在懸垂が全く出来ないという方は懸垂をするための筋肉がありません。

なのでダンベルで背中の筋肉を鍛えないといけないという謎な筋トレをしないといけないのです…

ダンベルで鍛えた背中の筋肉を自分の体重でモリモリに鍛えましょう!

私は2年程自重で筋トレをしていましたが筋肉がついたと感じたのは最初の3か月くらいです…

やり方や食事の問題もあると思います。

しかしモリモリ筋肉をつけたいというアナタは筋トレグッズの購入を考えましょう。

私のように時間だけかけまくるのは非常にもったいないです。

時間の短縮をする

自重のトレーニングに慣れてくると負荷が足りなくなり1回の回数を増やすか、

セット数を増やすことになります。

そうすると筋トレに時間がかかっちゃいます。

1日の中で筋トレが出来る時間は限られています、仕事もありますし。

そこで道具を使って負荷を増やせば1回で行う回数を増やす必要も無いですし、

セット数を増やす必要もありません。

道具を使って筋肉とつければブルガリアンスクワットなどもっとキツイ自重トレーニングも出来ますし。

忙しい人ほど筋トレグッズに頼る事をオススメするのです!

 

なぜダンベルなのか?

シンプルに場所を取らない&そんなに財布の負担が無いという理由です。

またプレートを変えると重さを変えることが出来るので柔軟さも素晴らしいです。

そしてこのグッズ一つで

  • 上腕二頭筋
  • 背中

等色んな筋肉を鍛える事が出来ます!

上腕二頭筋だけなら10㎏でもかなり重いです。

ですが背中や足をダンベルで鍛えると10㎏では足りません!ある程度の重さは大事です!

このダンベルは凄いです!重りの付け替えがラクチン!

デメリットとしてはお値段が少々高い…29,800円がセールで現在23,700円となっています。

でもこの仕組みは本当に凄い

良いものを坦々と紹介するVilogより引用

仕組みはこの動画をご覧くださいませ。

ダンベルを使うとわかりますが重りの付け替えは本当にメンドクサイです。

モチベーション本当に下がります。
専用の台座に置いてダイヤルを回すだけで付け替えが終わるので本当に楽。
しかも保障までついてます!セールの間に是非手に入れましょう!

私が使っているタイプはコレ↑
普通のダンベルよりちょっとデカいのが若干気になりました…
しかしトレーニングの邪魔になるほどではありません、工夫次第でどうにでもなります。
ダイヤルタイプではありませんが付け替えはラクチン、
専用のバーを重りの間に差し込むタイプです!
文章では何を言っているのかわからないと思います…
上のダイヤルタイプよりは安いのでコチラにしました!2つ買っちゃいました!
私がダンベルを選んだポイントは
  • 重量調節の幅
  • 付け替えがラクチン
  • 値段

ダンベルを買う時は絶対に重りの付け替えがラクチンタイプを買うべし!

なぜ懸垂バーなのか?

懸垂バーを使って背中をいじめ抜き、ダンベルを使って最後に追い込むのです!

そして懸垂バーについているベンチでダンベルベンチプレス、腹筋も出来ます!

斜めになっての腹筋は本当にキツイです!

懸垂だけでなくダンベルを組み合わせる筋トレなど、

色んなトレーニングが出来るのが懸垂バーの魅力です!

さらにディップスまで出来ます!自重の中でも結構きつめの種目かと思います!

ただ支えている手のひらが痛くなっちゃうのでタオルなどをあててからレッツディップス!

私が懸垂マシンを選んだポイントは

  • シットアップベンチ付き
  • ディップスが出来る

懸垂マシンはどれもあんまり値段が変わらない感じでした。

なのでちょっと高くても色んなトレーニングが出来るヤツを選ぶべし!

なぜプロティンなのか?

私が筋肉がついたと一番実感したのがプロティンでした。

食事でタンパク質を摂取しようにもあんまり量を食べる方では無いので間に合いません。

そこでプロティンです。

生物の体って凄いですよ!栄養の取り方で全然違いますから!

ただ味に違いがあり、マズイプロティンは本当にマズイです!

ザバスのココアが一番おいしく感じたのでコレおすすめです!

 

私がプロティンを選んだポイントは

  • 値段

筋トレ初心者は3つそろえるんだ!

色んな道具がありますがとりあえずこの3つあればあれば良いでしょう!

腹筋ローラもあると良いかもしれませんが腹筋ローラーをするのに腹筋が必要になりますし、

腹筋意外に使い道が私では見当たらないので後で良いでしょう。

とりあえず

  • ダンベル
  • 懸垂バー
  • プロティン

コレあると大分違います!

色々調べて納得いく筋トレ道具を買いましょう!

おすすめの記事