筋トレをするとはげるは嘘!?結局遺伝…皆気にせず筋トレしよう!
スポンサーリンク

筋トレするとはげるって聞いたことありますが、実際どうなのでしょう?
聴いたことあります?筋トレをすると男性ホルモンが分泌されて「はげる」という噂を。
しかしありゃ嘘です!は言い過ぎですが「筋トレ=ハゲ」ではありませぬ!
まだ筋トレ初級者ではありますが私も筋トレをして、フサフサです(2020年で32歳)。
髪の毛の量が気になる方で筋トレでのはげを心配している方、むしろ筋トレをした方がいいかもしれませんよ!
ということで
この記事の内容
筋トレをしてもはげない理由

筋トレが髪に与える影響とは?

ポイントは4つ

今日のポイント

  • テストステロン
  • Ⅱ型5αリダクターゼ
  • DHT(ジヒドロテストステロン)
  • レセプター(受容体)

それぞれ聞き覚えの無い言葉ですが説明しまする!

筋トレをしてもはげない理由!

筋トレをすると男性ホルモンが増えるという噂

コレは一応その通りです!

テストステロンホルモンが分泌されるので男性ホルモンは増えます。

一つ目のポイントテストステロンは何種類かある男性ホルモンの中の一つです。

ちなみにお酒もこのテストステロンの分泌にかかわっています、

お酒好きの方は是非ご覧ください↓。

男性ホルモンのおかげではげるという噂

では「テストステロン」がハゲに関係しているのかというとそうではありません!

ここで二つ目のポイントⅡ型5αリダクターゼです。

5αリダクターゼ薄毛対策支援ナビより引用

↑このサイトによると男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるこのⅡ型5αリダクターゼ。

2種類存在していて

皮脂腺に多く存在するⅠ型

前頭部、頭頂部のⅡ型があります。

はげはⅡ型5αリダクターゼの影響と考えられています!
そして3つ目のポイントDHT(ジヒドロテストステロン)、コレも男性ホルモンの一種で毛根細胞に作用しはげを進めてしまう恐ろしすぎるホルモンです、どうやって出来るかと言うと。
「Ⅱ型5αリダクターゼ」「テストステロン」「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換してしまうんです!
はげる流れ
筋トレをすると「テストステロン」が分泌される。

頭にあるⅡ型5αリダクターゼ「テストステロン」「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換。

「DHT(ジヒドロテストステロン)」がはげを促進!

という事です!

ここまで見ると

筋トレをするとやっぱりはげるんじゃん!
となると思います、ここで4つ目のポイントレセプター(受容体)参上!
レセプター(受容体)は外部からの何らかの刺激や信号などを感知します。
細胞がレセプター(受容体)を持っていてDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けると…

はげます。
↑こちらのサイトによるとはげるかどうかはこのレセプター(受容体)があるかないかにかかっています!
  • レセプター(受容体)があるとDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けてしまい
  • レセプター(受容体)が無いとDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けない

という事なんです。

そしてこのレセプター(受容体)が存在するかしないかは…

遺伝の関係が大きいと言われています!
そうです!ここまで長々話しておきながら「遺伝」の二文字なんです!
遺伝となると我々の意思でどうにかなるものではございませぬ。
という事で気にせず筋トレ頑張りましょう!
スポンサーリンク

筋トレをするとむしろ髪が生えるかも!

「テストステロン」はタンパク質の合成を助ける働きがあります。
髪の毛はタンパク質で出来ています。
つまりタンパク質を摂取して筋トレをして「テストステロン」を増やすことは髪の毛には良い事なんです!

タンパク質をだけでなくバランスよく食事はとりましょう。

筋トレとはげでした!

「筋トレ=はげ」ではありませんよ!

どうしても気になる方はリダクターゼやジヒドロテストステロンを減らすようにしたらいいかもです。
ポイントは
  • テストステロン
  • Ⅱ型5αリダクターゼ
  • DHT(ジヒドロテストステロン)
  • レセプター(受容体)

です!

もし髪の毛の量が気になる方は生活習慣なども気にした方が良いかもしれません。

ストレスや遺伝、色んな要素が絡んではげます。

はげてきたという事は体から何かしらのサインかもしれません。
髪の毛は大事にしましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事