ネットで見つけた家でも出来る自重腹筋メニュー5個!夏に向けて頑張れ!
スポンサーリンク

そこのアナタ腹筋してますか?

腹筋は地味ながらしんどいです。

ただ普通の腹筋をしても飽きちゃうし、しんどいし…

だが夏までにどうにか腹筋をたたき割りたいという方もいるでしょう!

という事で私がネットで見つけてきた腹筋方法を紹介します!

有名な格闘家がやってた腹筋もあります!誰だか忘れたんですけど。

やり方もうろ覚えなのでちょっとアレンジしております。

ですが効きますので夏に向けて今のうちにやってみて下さいませ!

上半身グルグル腹筋

 

ぐるぐる腹筋 やり方

このイラストで分かるのか?…

やり方

上半身グルグル腹筋のやり方
まず普通の腹筋(クランチ)のスタートの体勢(ヒザを立てて寝転がる)になります。

肩をちょっとだけ浮かせます。

その体勢のまま腹筋から頭までを軸として腰を中心に時計回り、反時計回りにグルグル。

有名な腹筋の方法では無いと思うので正式なやり方は多分無いです!

私は肩は常に浮かせたまま回数は決めないでグルグルしてます!

これ以上無理!と思うまで続けましょう。

よほどムキムキな方でない限り結構効くと思います…

スポンサーリンク

パンチ腹筋

パンチ腹筋やり方

やり方

パンチ腹筋のやり方
まず普通の腹筋(クランチ)のスタートの体勢(ヒザを立てて寝転がる)になります。

腕を天井に向けて伸ばします。

腹筋をひねって片方の肩を伸ばしパンチ①。

ゆっくり戻します。

反対側もパンチ②。

ゆっくり戻します

①に戻る

コレも正式なやり方は存在しないかと思います…

腕の伸ばす時は腹筋を使って腰をひねるんです、肩を浮かせたままにすると良いと思います。

私はこの腹筋も回数は決めていません、限界までやるのです。

足バタバタ腹筋

 

足バタバタ腹筋やり方

やり方

足バタバタ腹筋のやり方
上のイラストの体勢になります。

足を交互にバタバタします。

コレだけです…

上半身を傾けると良いんですが、

個人差があると思うので調整して一番キツイ位置を探しましょう。

足をばたばたさせると体が動くと思いますが、腹筋をフルに使って体がブレないようにするんです!

お尻持ち上げ腹筋

やり方

お尻持ちあげ腹筋のやり方
横になります。

つま先を天井に向けて持ち上げます、横からみるとローマ字の「L」です。

その状態を維持したまま腹筋を使ってお尻を持ち上げます。

ゆっくり降ろします、繰り返しです。

つま先はずっと天井を向いたままです。

↑の方法とは別の動画で見たんですがこれ結構効きます!

上半身は動かさずに腹筋を使ってケツから下を持ち上げましょう。

限界までやるべし!

シットアップ腹筋

コレもネットで見つけた方法です、かなりしんどいです。

そしてコレだけ道具が必要です!

やり方は↑を使って腹筋するだけです。

モチロン頭が下ですよ!

ただ角度がつくだけですが本当にキツイ!悔しいことに10回も出来ません!

この腹筋をマスターしてドラゴンフラッグに挑戦したいですが、

ドラゴンフラッグはやる場所を探すのが大変!

腹筋をいくら頑張ってもシックスパックにはならない?!

よく言われることですが腹筋はそもそも割れています。

なぜ割れ目が確認できないのか?

脂肪つけすぎです!

体脂肪率が10~15くらいで割れてくるので測ってみて下さい。

ただ体重計で表示される数値は物によって違ったりします。

参考程度にしておいて下さい!

太っているアナタは食事管理も大事!

体脂肪率を減らすことが大事という事は太っている方には悩ましい問題だと思います。

筋トレなどの運動だけで痩せるのはかなり大変です、食事を見直すのです。

現代はとっても便利、素人でもネットでカロリー計算が大体できます。

徐々に減らしつつ腹筋を鍛えていきましょう!

痩せているアナタも食事管理は大事!

私もそうでしたがプロティンだけ飲んで筋トレしていました…

筋肉を育てるには炭水化物も必要なんです!

タンパク質だけ食っていれば問題ないという訳ではありません!

そしてオーバーカロリーにする必要があるとも言われています。

私のような小食でガリガリの方がいきなりカロリー摂取しまくるのはかなり大変…

ゆっくり量を増やしていきましょう!

1回で食べる量を増やさず、1日5食くらい分けてちまちま食べると意外に食べれますよ!

そして朝飯はちゃんと食え!

腹筋メニューでした!

腹筋は地味ながら本当にキツい…

私だけ?

種目によっては懸垂やブルガリアンスクワット並みにキツく感じます。

しかし筋肉と言えば腹筋!

コレを鍛えずにどこを鍛えるの?というくらい代表的な筋肉でしょう!

普段は全く見えませんがこういう部分こそおろそかにしないで地道に鍛えていきたいものです。

しかも腹筋は大した道具もいりませんので暇つぶしにも最適なんです。

スポンサーリンク
おすすめの記事