筋肉がつかないのは効かせ方が下手?私の効かせ方ポイント2つ!
スポンサーリンク

筋肉にピンポイントで負荷をかける。

これ結構難しいんですよね、いかに自分の体を上手に動かせていないかが分かります。

しかしこれが出来ないと筋肉はあんまりつきません!

という事でこれから筋トレを始める、もしくは始めたばかりの

筋肉がつかない…

筋トレの効かせ方がわからない…

みたいな悩みに対して私が研究して見つけた方法を紹介します!

ポイントは

  • 付け根を意識すると
  • 勝手に動く

です!

注意としては私の感覚ですので正解かどうかはわかりません…

人によって感覚は全然違うのではないのでしょうか?

またイラストを描こうかと思ったのですが、イメージが膨らみやすいように文字にしました。

ヒントにしていただけたらと思います。

上腕二頭筋

肩と上腕二頭筋の付け根に力を入れる感じです!

まず肩から先の力を抜きましょう、ダラーンとしてください。

その状態で肩と上腕二頭筋の付け根に意識を向けましょう。

すると肘から先が勝手に動くはずです!

動いたらそのまま5秒ほどキープ!

ダンベルなどを持つとわけわからない感じになると思うので素手で練習です。

わかってきたら軽めの重さのダンベルを持って練習しましょう。

スポンサーリンク

上腕三頭筋

肩と上腕三頭筋の付け根に意識を向けましょう。

しかしダラーンとするとすでに上腕三頭筋がある程度縮んでしまっているので感覚がつかみづらいです…

なので私は腕を前に出し、肘を曲げてから練習していました。

腕を前に出して肘を上に曲げる、横に曲げてみる。

ここは自分にあうやり方を探してみて下さい、

この状態で付け根に意識を向けましょう。

勝手に動いたら5秒キープです。

なぜか私は肩が苦手でした。

ここで意識するのは鎖骨と肩の付け根です!

意識すると方から下の腕全体が勝手に動きます!

私は意識すると方全体がぐっと下に下がるような感覚があります。

肩の前、中部、後ろ全てこの感覚でやっています!

間違えると僧帽筋に効いてしまい肩全体が動くと思います。

肩はあまり動かさないようにイメージ!

背中

背中と言っても色んな筋肉があるのでここでは懸垂をする時に使う筋肉です。

ここで意識するのは肩甲骨(けんこうこつ)と背骨の付け根!胸は張りましょう!

意識すると肩と腕全体が勝手に背中側に動くと思われます!

私は懸垂をする時のように腕を上にあげると意識しやすい!

背中に筋肉が無いとかなりわかりづらいかもしれません。

ダンベルや懸垂で無理矢理にでも筋肉をつけてから意識してみるといいかもしれません。

私も無理矢理懸垂を行い筋肉がついてきた頃に感覚がつかめてきた気がします。

懸垂が全くできないという方は私の練習方法をどうぞ!

肩と胸の付け根に意識を向けましょう!背中と同じく胸は張りましょう!

肩と腕が前方に動くかと思います。

胸をぴくぴく動かすことが出来ますでしょうか?そこです!

私は比較的意識しやすい部分でした、しかし急にダンベルを持つとわからなくなるのは一緒です。

色んな体勢で練習してみましょう。

背中の筋トレと言えば懸垂、とダンベルを使った種目があります。

どちらも背中ですが体勢や腕の向きは全然違ったりするものです。

体勢や腕の向きを変えることで感覚がつかめてくるかもしれません!

断言は出来ませんがあの手この手を使うんです。

筋肉の働きを考えながら意識してみましょう。

例えば上腕二頭筋はどういう動きをするための筋肉なんでしょう?

こんな事を意識するだけでもヒントになるかもしれません。

特に見えない背中の筋肉は意識するのが難しいので色々考えて見るのも良いと思います。

筋肉の効かせ方でした!

意識すればするほど訳が分からなくなります…

しかしちょこちょこ意識して動かしていくとだんだんわかってきます!

私のポイントは

ポイント
付け根を意識すると

勝手に動く

慣れてきたらダンベルを持ち、重りを追加していきましょう!

筋肉が無い方は筋肉がついてくるとわかって来るかと思いますので地道に鍛錬あるのみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事