太ももの前面をシシースクワットでモリモリに鍛えよう!
スポンサーリンク

下半身の筋トレは大変ですが、鍛えた太ももはカッコいいと思います。

なにより上半身だけではバランスがおかしなことになります!

という事で下半身の中でも個人的に地味だと思う「太ももの前!」シシースクワット!

妙な見た目からは想像できない負荷です!

太ももを鍛えたい家トレの方は是非取り入れましょう!

シシースクワットで鍛えられる筋肉

シシースクワットでは太ももの前面(大腿四頭筋)を鍛えることが出来ます!

大腿四頭筋は四つの筋肉の総称、そのためデカいです!

デカいので鍛えて大きくするとその分太ももがデカく見えます!

スポンサーリンク

シシースクワットのやり方

katochan33さんのYouTubでございます、凄い体…

このような体制で体を下げていきます。

シシースクワットの注意点!

腹筋に力を入れて体勢を真っすぐにしましょう、

私のイメージはヒザから胸のあたりまで真っすぐって感じです、ブレないように。

力は抜かないように!危ないです!

起き上がる時は太ももに全力で力を入れましょう!頑張って帰ってくるのです!

バランスが非常に取りづらいので何か捕まりながらトレーニングしましょう。

動画を見ると凄い角度まで体を持って行っていますが、

初めからあそこまで持っていくことは無理があると思います。

自分の出来る範囲で頑張るのです。

私もあそこまで出来るように頑張っている最中です…

かかとを持ちあがる高さで負荷をある程度調節出来るのです。

シシースクワットのメリット

基礎代謝の増加に役立つ

大腿四頭筋は大きい筋肉なので鍛えると基礎代謝の増加に役立ちますよ!

ダイエットを考えている方は運動メニューに組み込んでみるのも良いと思います!

とは言っても食事内容の改善も同時に取り組みましょう。

食事内容+大きい筋肉を鍛えるという事です。

家でも出来る!

家で筋トレをしている方にとっては重要な事です!道具もいりません!

しかもシシースクワットは負荷もなかなか。

捕まる場所さえあれば出来る素晴らしい種目です!

慣れてきたら負荷を上げる!

物足りなくなってきたという方は肩てにダンベルなどを持ってシシースクワットをするのです!

とは言っても初心者が思いっきり下げるのはかなりキツイと思うほど自重だけでも十分な負荷です。

かかとの位置や体を倒す深さで負荷の調節は出来ます。

最初は負荷を上げることより怪我をしない事の方が大事ですね。

シシースクワットでした!

見ためは斬新、負荷はキツイ。

そんなスクワットです。

コレで大腿四頭筋を鍛えあげましょう!

  • ヒザの上から上半身は真っすぐ
  • 下げる時は上半身を下に降ろすイメージ、

かかとを上げると負荷が凄いです!

しかしバランスも取りづらくなるので、なれるまでは自分に合った位置を探しましょう。

そしてもう一つオススメが「ブルガリアンスクワット!」

こちらでお尻、太ももを鍛え上げましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事