アイキャッチ画像
スポンサーリンク

前に買ってみたこれ↑、たまに取り組んでいます。

元囚人のポール・ウェイドさんが獄中で取り組んだ筋トレメソッドですね。

ここで誰もが思うであろう疑問が

本当に効果あるの?

ジムや筋トレの道具を使わずに体を鍛えられるのなら確かに素晴らしい方法です。

しかしその方法で誰もがムキムキになるならすでに有名になってそうなこのメソッド。

その方法で誰もがムキムキになるならジムやダンベルにお金をかける人などいない気がします。

とりあえず暇つぶしに調べてみた!

この記事の内容
囚人筋トレの効果について

メリットとデメリット

素直な感想です、気になる人は買って極めてみて!

体型の変化は?

筋トレをしている方が望む筋トレの効果と言えばほぼ全員が体型の変化でしょう!

果たしてこの方法で腹筋を割ったり、逆三角形の体型になることが出来るのか?

なんと数年かけて取り組んでくれている方がいらっしゃいます!

3年弱の方のブログPrimitive Conditioning より引用

2年継続の方のブログKurochi Blog より引用

体型の変化はコチラの方々のブログをご覧ください、参考になると思います。

一応私も自重トレーニングを頑張っております。

負荷は軽いと思われる自重トレーニングですが、

ただの腕立て伏せでも足を台に乗せる。

片方の腕は支えるだけにして、もう片方の腕に体重を乗せる。

など負荷を乗せる工夫をしたらかなりの刺激になります。

モチロン筋肉もある程度大きくなりました。

でも単純に体を大きくするのならダンベルやジム通いには勝てないと思います。

そもそもポール・ウェイドさんは体を大きくするというよりかは機能的な体作りを目指し、

なんならジムやプロティンを否定しております…

目的が違うので単純に体を大きくしたいという方には向かないのかもしれません。
スポンサーリンク

メリットは?

ではこの本のメリットとは一体何?!

家で出来る

自重筋トレの一番のメリットでしょう!

仕事や学校が休みの日は筋トレし放題です!

ジムに行く時間を気にしたり、必要な物を準備したりする必要は無いのです!

だって家で出来るんですから!道具なども家にあるのです!懸垂だけどうにかしましょう!

私の様なめんどくさがりにはうってつけです。

ちなみにジムを否定しているわけではありません。

私はジムに行ったことは無いのですが、ただメンドクサイからです。

筋肉を鍛えるという事でジムはとても素晴らしい場所だとは思います。

ポールさんはジムを商業的だと嫌いなようですが…

機能的な体を作る

ダンベルやバーベルで作った筋肉は使えない筋肉という謎の説があります。

確かに自重筋トレは体の色んな筋肉を使い、同時に色んな神経を発達させます。

スポーツなどに取り組んでいる方はジムだけではなく自重筋トレも必要なんでしょう。

この本ではいくつかのステップにわけて種目をこなしていきます。

少しずつレベルを上げて取り組めるので徐々に機能的と言われる体に鍛えていくことが出来ます!

そのうえで片足スクワットなどが出来るようになれば、

なかなかのバランス力や筋力が身についていることでしょう!

しかし普通の生活をしている方は片足でスクワットをするバランス力や体幹の力はいらないでしょう。

そこまで来ると完全に趣味の世界です。

私の様な肉体労働の仕事をしている方は役に立つ事もあるのでしょうけど、

そうでは無い仕事をしている方は無いよりはあった方が良いくらいだと思います。

自重で鍛えられる!

自重の本なのでそりゃそうだろって感じですけど…

自重の筋トレって難しいです!

負荷の調節もダンベルみたいに細かく設定できないし

そもそもどの種目が良いのかよくわからないし

セット数よくわからないし

でもこの本はメニューが組んでありますのでこの本一つで筋トレが出来ます!

しかも本のメニューのゴールは

  • 片手懸垂
  • 片手腕立て伏せ
  • 片手逆立ち

    など出来たらカッコよすぎる種目です。

    この本の通り筋トレしていてそんな種目が出来るようになっていたら…

    そりゃサイコーとしか言えません!

    しかし遠い道のりが…

    デメリットは?

    個人的にデメリットが一つあります。

    非常に時間がかかる

    上にある

    「しかし遠い道のりが…」

    これが最高の問題。

    この本のトレーニング内容は

    本の内容
    腕立て伏せ

    スクワット

    懸垂

    レッグレイズ

    ブリッジ

    倒立

    6つの種目をさらに10個のステップに分けております。

    そしてさらにそれぞれのステップのゴールとして

    • 初心者
    • 中級車
    • 上級者

    と目標があり、それをクリアして次のステップに進めるという流れです。

    最初のステップは壁に手をついて腕立て伏せなどかなりカンタン、

    ある程度シカトしても良いと思います。

    しかし後半がなかりの難易度!

    腕立て伏せの最後は

    片手、

    脚は閉じる、

    100レップを1セット

    とバケモンです…100って…

    ブリッジの最後は

    ブリッジの状態から立ち上がる

    を10~30レップを2セット。

    10~30というあいまいな感じが良くわかりませんが、とにかくかなりの難易度です。

    懸垂はモチロン片手懸垂がゴール

    倒立は片手で腕立て倒立がゴール

    別に何レップしなくてもとりあえず出来るようになれば良い

    と思っているアナタ…

    ステップ5くらいからすでにキツイのです。

    と難易度が尋常じゃないので短期間で体を鍛えたいという方には全く向きません!

    でもレッグレイズの最後はハンギングレッグレイズを30レップを2セット

    と頑張れば出来そう?やっぱり無理?

    でも何年たっても良いから自重を極める!

    という方にはオススメです。

    この本のメニューを軸に付け足してみたい種目を補助的に組み込むことも良いでしょう!

    最後のステップまで到達できたら凄い筋力が身に着くことは確かです!

    とりあえずかなりのんびりと取り組みましょう…

    結論:いらない人はいらない!

    筋トレをする理由が体を大きくするという方はいらないのではないでしょうか?

    そういう方は片手懸垂や片手腕立て伏せに魅力を感じていないでしょうし、

    機能的な体だろうがなんだろうがとにかく体を筋肉で大きくしたい!という方でしょう。

    それぞれ色んな目標があって筋肉を育てていると思います。

    自重トレーニングが好きな人

    ジムでバーベルを担いでいる時間が好きな人

    それぞれ適切な方法があると思うんです。

    囚人トレーニングについてでした!

    ポールさんは否定しているんですが、プロティンなどある物は気にせず使いましょう。

    確かにこの本の内容をマスターする事が出来たら凄い体になっていると思います、

    効果はあるでしょう!

    重い重りを使う事も無いので怪我も少なそうです!

    しかしその道のりは…

    この方法が答えだ!

    と考えずにこんな方法もあるんだなくらいで考えて取り組んでいきましょう!

    自重トレーニングは種目によってはかなりの負荷があります!

    上手に使うのです!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事