アイキャッチ「筋トレに道具は基本必須」
スポンサーリンク

自重筋トレを馬鹿にしているわけではありません!

私が一番好きな種目は懸垂ですし、ストリートウォークアウトの技を練習しているのでどっちかと言うと自重がメインです。

始めは道具無しで頑張っていても筋トレを続けてある程度の時間が経つと道具の購入について悩む時が来ると思います。

特に体を大きくしたいという方は道具を買うべきです。

それは何故か?

という内容でございます。

鍛えられない部位がある!

絶対に道具は使わない!

という信念は素晴らしいと思うんですが、懸垂が出来るような環境くらいは準備しましょう!

ガチの道具なしだと背中と上腕二頭筋が鍛えられません。

最悪2lペットボトルに「水」詰めて上腕二頭筋を鍛えるという作戦も良いと思います。

しかしその程度の重さなら即なれます。

もっと重い物と詰めるとして、「砂」なら3kg程度になるみたいです。

これでも軽いので地球上で一番重い「オスミウム」「イリジウム」

これらをペットボトルに入れると12㎏くらいにはなるそうです。

この重さでは背中を鍛えるには全く足りません!

ではなにをペットボトルに入れるか…

ダンベルを持った方が手っ取り早いです!

それか順手・逆手懸垂で上腕二頭筋と背中を鍛えるのです。

話をまとめると

上腕二頭筋や背中の「引く」ことに関する筋肉は道具が無いと鍛えることが難しい

という事です。

スポンサーリンク

自重の限界

筋トレを始めた時期は腕立てやスクワットを3セットすると結構大変です。

しかしその時期はあっという間に終わってしまうでしょう。

回数をこなす事が出来るようにはなりますがここで問題があるのです。

参考にしたサイト
コチラのサイトの表によると「回数が18回を超えると筋肥大の効果は薄くなり持久力アップのい効果となる」とあります。
20回くらいできるようになると筋肉が大きくなる効果は望めなくなるという事です!
種目を変えてレベルアップするという事も出来ますがそれでも限界がありますし、
筋肉に色んな刺激を当たることも筋トレには大事と言われています。
体を大きくしたいのなら自重だけにこだわらずダンベルベンチプレスなども取り入れて色んな刺激を与える事が大事だと思います!
重りを背負って加重をすれば負荷を増やせますがそれはもはや自重ではありません…
プランシェや片手懸垂が出来るほどの化け物なら好きなようにやりましょう!

種目を増やせる

種目を増やすと色んな刺激を筋肉に与えることが出来るだけではなく筋トレのマンネリを防ぐことが出来ます!

個人的に感じたのは

上腕二頭筋・三頭筋

です。

懸垂だけではなくダンベルでカールする。

腕立てだけではなくダンベル、懸垂マシンでディップスが出来るのであればディップスで三頭筋を鍛える。

サイドレイズで肩を鍛える。

などです!ただしサイドレイズは結構難しいです!

筋トレの種目は多いほうが絶対良いのです。

なぜならどの種目がどんなふうに効果があるのかは個人差があるからです!

私はダンベルベンチプレスが下手くそなのですが胸の筋肉はディップスで鍛えております。

肩のメインは壁倒立腕立てですがかなり疲れるので仕事の疲労が溜まっている時はサイドレイズをします。

難しいとはいえやらないよりは練習がてらでもやった方が良いです!

レパートリーは増やしておきましょう!

負荷の調節

負荷の調節はダンベルの方が全然楽です!

数キロ単位で重さを変更できるのでとても楽!

さらに現在の実力が数字で把握できるのもダンベルの良い所だと思います。

自重は種目によってキツさが全然違うので意外と調節が難しいと個人的に思いました。

ウエイトベストがあれば加重懸垂や加重ディップスなどにも使えます。

筋トレ時間の短縮

「ジム通いは往復などの時間がかかるので家で筋トレした方が時短になる」

という事を聞きますが、個人的に往復時間や準備時間を気にするよりも「筋トレをしている時間」に注目するべきだと思います。

それは「コルチゾール」というホルモンが関係するからです。

このホルモンは筋肉の成長を妨げる効果があり、筋トレ時間が90分~120分くらいになると出てくると言われています。

つまり筋トレ時間は長ければ長いほど良い!というわけではありません!

そもそも全員が毎回筋トレ時間に2時間も使えるかと言うとそうではありませぬ!

短い時間しか使えない日もモチロンあります。

そんな日こそ時間が無いからパパっと終わらすのではなく、短い時間で効果を出す事を考えましょう!

そんな時は腕立てでは無くダンベルベンチプレス

ただのスクワットでは無くダンベルを持ってスクワット

などキツイ種目、少ないセット数でスパン!と筋肉を追い込んでいくのです!

また初心者は時間が無いから今日はいいやという考えでは無く

時間が無いからこそ筋トレをする!

くらいの気持ちで取り組むのです!

初めの頃は少しサボルと続かなくなる可能性があります。

それは本当にもったいないので少しの時間でも筋トレをする。

しっかり効かせるという事を意識していくのです!

話が長くなりましたがようするに時間はお大事にという事です。

注意点!道具があればモリモリ成長するわけではない!

コレ大事です!

ダンベルがあればモリモリ筋肉がつくかと言うとそんなわけではありません!

ストリートウォークアウトの技がスイスイ出来るようになるかと言うとなりません!

個人的に思う事が「ダンベル種目は結構難しい」という事です。

重りを動かせば筋肉が成長するかと言うとそうでは無いのです!

自分に合った重さ・フォームがとても大事なのでそこはしっかり勉強しましょう!

道具無しだの筋トレは辞めておけ!でした!

なぜかと言うと

その理由
自重では鍛えることが難しい部位がある!

自重の限界がある!

負荷の調整!

筋トレ時間の短縮になる!

です!
何か特別なこだわりが無い限りは筋肥大が目的な方もストリートウォークアウトがメインの方でも道具は使った方が良いと思います。
どの道具が必要なのか迷っている方はこちらを取らんくださいませ↓
スポンサーリンク
おすすめの記事