アイキャッチ画像
スポンサーリンク

普通の懸垂に飽きてきたという方に挑戦して欲しいこの種目。

両手でバーを掴み、片腕ずつ引き上げる片手腕立ての下位互換的な種目です。

かなりキツイ分その効果も凄いのです!

背中を鍛えるというか結構鍛えた方が挑戦する種目だと思うので初心者には微塵も向かないこの種目ですが…

効果はその分バッチグーです!

背中、上腕二頭筋に自信がある方は是非トライしましょう!

この記事の内容
アーチャープルアップの効果

やり方

出来ない方へ

ちなみに私は2回ほどしか出来ません!

アーチャープルアップとは?

やり方

 

KAMUI PARK カムイパークさんYouTubチャンネルでございます。

片方ずつ引き上げるワイド懸垂という感じですね。

もの凄くキツイので要練習!

ポイントは

ポイント
手幅は広げる

支える腕でバーを押す

引く腕の脇をしかかり閉める

反動を利用する

スポンサーリンク

効果

普通の懸垂の刺激が片側に集中した感じになります。

広背筋はモチロン二頭筋にも凄い刺激を感じることでしょう!

普通の懸垂と比べて肩に力が入る感じもありますが、

コレは私の筋力が足りない為か

効果があるとしても肩の筋トレになるほどではないので別の種目で鍛えましょう!

怪我に注意!

私はアーチャープルアップを練習している時に支えている方の肩と二頭筋の付け根を痛めました…

引き上げている方ならわかるが、なぜ支えている方が怪我をするの?

と思ったのですが恐らく引き上げる方の筋力がまだ弱く、

支えている方の腕に変な力が加わったのでしょう。

それで痛めたのだと思います。

自重筋トレは怪我をしずらいと良く聞きますが、

あまりにも負荷が高い種目になると余裕で怪我します…

しっかりと土台を鍛えておきましょう!

どうしても出来ないという方!

とりあえずワイド懸垂をやりこみましょう!

しかし10回ほどワイド懸垂が出来るようになっても簡単には上がらないこの種目

体を引き上げる時に足を抱え込むと体が上がりやすくなると思います。

また動画で言っているように軽くジャンプするのもアリでしょう。

本来反動など使いたくありませんが、もの凄くキツイ&体の上げ方を練習するという意味では多少のインチキはやむを得ないのです。

アーチャープルアップでした!

片手懸垂の練習にもなりそうなこの種目。

効果もキツさもかなりの物ですが筋力に自信がある方は是非行うべきでしょう!

ポイントは

ポイント
手幅は広げる

支える腕でバーを押す

引く腕の脇をしかかり閉める

ちょっとしたインチキを使う

という事です!

いきなりスイスイ出来るような種目でもないと思うので徐々にマスターしていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事