レッグレイズは効果が無いという人がいるみたいだけどそんな事ない。
スポンサーリンク

レッグレイズやってます?

レッグレイズは効果が無いと言われる事もあるみたいですがそんなことは無いでしょう。

確かにドラゴンフラッグやアブローラーに比べると効果は薄いでしょう。

しかしちゃんと効かせることが出来れば効果はあります!

この記事の内容
レッグレイズのやり方

注意点

レッグレイズが出来ないという方はほぼ間違いなく脚を上げようとしていると思いますがこの種目はそんな種目ではありません!

誰か名前変えて!

とりあえず下の方の動画で説明してくれるので百聞は一見に如かず的な感じです!是非やってみて下さい!

効果がある部位

主に

腹直筋

です。

特に腹筋の下部に効果があると言われております。

確かにクランチに比べると下っ腹に力が入っている気がします、が、

正直よくわかりません…

私は腹筋の上部、下部に関してはあんまり気にしないで鍛えています。

レッグレイズにクランチやひねる動きのある種目を入れてまんべんなく鍛えましょう!

スポンサーリンク

レッグレイズのやり方

こちらの動画をご覧ください。

 

sexyfitnessさんのYouTubチャンネルです!

かなり分かりやすいと思います。

まさしくこんな感じです。

ぶっちゃけこの動画見て練習しておけば腹筋に効くようになるとは思うのですがそれを言うとこの記事がここで終わるので一応私がレッグレイズについて思う事を書いておきます…

スポンサーリンク

レッグレイズの注意点

脚を上げるのではない

動画でもおっしゃっていますがレッグをレイズすると言う名前なのでややこしいですが脚を持ち上げるのではありません!

どっちかと言うとケツです!骨盤を動かすのです!

脚の付け根を曲げて脚を上げるのではありません!

お腹を曲げて腰とケツごと脚を上げるのです!

脚はついでに持ち上がってくるイメージです。

脚が先に疲れたりしている方はやり方が間違っている可能性大です。

効果が無いと思っている方はやり方を是非見直して見ましょう。

レッグレイズが効果が無いと言われる理由がコレなのでは?

レッグレイズの効果が無いのであればハンギングレッグレイズも効果が無いという事になってしまうでしょう。

やっている事はほとんど同じです、ただ体勢が違うだけだと思います。

しかしハンギングレッグレイズは効果が無いと言う人は恐らくいないと思います。

脚の事は一旦忘れてしまいましょう。

うまく行かないという方はヒザを曲げてトレーニングしてみましょう。

そうすると負荷が軽くなります。

軽い状態で動作の練習を行うのもアリでしょう。

腰が反らないように注意!

レッグレイズに限らずですが腹筋種目全般は腰を反らしたらダメです!

コレは絶対です!腰が逝きます!

なんなら腹筋に効いているかどうかよりもまずこの事を意識しましょう!

レッグレイズくらいの負荷なら腰が反ることは無いとは思いますが、

ドラゴンフラッグやアブローラー等のキツイ種目ではかなり危険です。

腹筋種目は腰を反らさないでやるものと軽い種目から体に覚えさせましょう。

そのための種目としてはこのレッグレイズとクランチがバッチグーだと思います。

なんとなくて行わないように!

足を上げる角度に注意!

足を上げる種目なのですが地面と90度まで上げると腹筋の負荷が抜けます。

やってみるとわかると思いますが上げすぎると腹筋運動にならないのです。

なので上げすぎに注意しましょう!

少しずつ角度を上げながら一番効果があるレッグレイズのやり方を探すのです。

出来ない方はヒザを曲げよう!

レッグレイズはキツイ種目ではありませんが女性の方など人によってはキツイと言う方もいると思います。

そんな時はヒザを曲げてレッグレイズを行いましょう。

負荷がかなり軽くなりますのでやりやすくなると思います。

慣れてきたら徐々にヒザを伸ばしましょう。

後は足を上げる高さを調節しましょう。

無理にあげようとして腰に負担がかかるのも問題なので出来る範囲からちょっと頑張るくらいでいいので徐々に足を上げる高さを高くしていきましょう。

その際は↑に書いたように上げすぎないという事も注意です。

腹筋に力を入れる感覚

腹筋に限らない話なんですが鍛えたい場所にしっかり力を入れるようにしましょう。

コレだけ聞くと当たり前となりますが意外と出来ない物なのです。

レッグレイズで言うと脚を上げるのではありません。

お腹に力を入れると脚が持ち上がるという感じです。

私の感覚で言うと背中を床に押し付けると湯っきんに力が入ります。

そうすると下半身が持ち上がるという感じです。

コレがまた難しい話なのですが…

腹筋が鍛えられて感覚が分かって来るとわかって来ると思います。

下半身の事は一旦忘れてお腹に集中しましょう!

レッグレイズに慣れてきたら

慣れてきたら足首に重りを巻いて負荷を上げるかハンギングレッグレイズに挑戦しましょう。

どちらも何かしら道具が必要になりますが懸垂ができる器具を買ってハンギングレッグレイズをするのがオススメです。

それか足を45度くらいまで上げた状態を維持したまま時計周りか班時計周りにグルグル回してみましょう。

これもなかなかのキツさです。

ハンギングレッグレイズである程度鍛えたらドラゴンフラッグかアブローラーの立ちコロに挑戦してみましょう。

レッグレイズの負荷を上げて腹筋を鍛えるというよりかはもっとキツイ別の種目を行っていった方が腹筋に対する効果はあると思います。

例えば

レッグレイズ

ハンギングレッグレイズ

ドラゴンフラッグorアブローラー

みたいな感じですね。

特にアブローラーはケタ違いの負荷がかかるので最終目標としておいてもいいでしょう。

 

レッグレイズでした!

負荷は軽めで初心者向けの種目です。

腰が反らないように気を付ければケガをすることも無いとは思うのでお手軽に出来ます。

ただし脚だけを上げないように骨盤から動かしていきましょう。

もしかしたら結構難しい種目なのかもしれませんが一度感覚がわかったら問題無いと思うので腰が逝かないように頑張ってみて下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事