筋トレって健康に良い面と悪い面があるんです。
スポンサーリンク

よく筋トレが健康に良いと効きます。

確かにそんな面はありますが、決して良い面ばかりではありません!

体に良い面もあればかなり悪い面もあるのです!

コレはかなり大事な問題です!

いつ、どのタイミングで怪我したり病気になったりなんてわからないのでただ筋トレは健康に良いんだ!なんて考えないようにしましょう!

この記事の内容
筋トレの健康面でのメリット・デメリット

筋トレが健康にいい面

調べてきました!

1.ストレス解消

日光を浴びたり運動を行うと幸せホルモンの「セロトニン」が分泌されます。

このセロトニンは精神を安定させるためにとても大事なホルモンでストレス解消につながるのです!

このホルモンが不足すると暴力的になったり、うつ病の原因になるのです。

運動を行うと分泌されるという事は筋トレと相性バッチリです!

実際筋トレをやるとあんまり細かい事が気にならなくなる気はします。

これは疲れて眠くなるとか言った理由もあるとは思いますが実際になんとなく効果は感じます。

さらに筋トレだけではなく必須アミノ酸のトリプトファンからも作られます。

肉や大豆や乳製品など普段からアミノ酸スコアを意識してご飯を食べて筋トレしている方達はまさにセロトニンの塊と言っても良い?

ただ食事も色々考え方があって何が何だかわからなくなるのでそんな深く考えないようにしておきましょう!

2.筋トレと病気

アメリカのガン研究所で筋トレをしている方のガンでの死亡率やすべての病気の死亡率の研究がされていました。

その結果

  • ガンでの死亡率が33%
  • 全ての病気の死亡率が23%

    減る事が確認されたのです!

    特に恐怖の糖尿病にも効果があるのはデカいので気になる方は読み終わったらスクワットしましょう!

    スポンサーリンク

    筋トレが健康に悪い面

    ここからは個人的に思った事が多いです。

    ストレス

    健康に良い面でストレスに良い影響があると書きましたが悪い面もあります。

    それは妙な強迫観念です!

    筋トレってなかなか結果が出ないのです。

    それ自体が結構ストレスになりますが、続けて結果が出ると今度は今までかけた時間を無駄にしたくない気持ちやせっかくついた筋肉が落ちたくないという気持ちで筋トレを辞める事が非常に怖くなります。

    辞めるというと飽きない限り続ければ良いと思いますが、休日などでも強迫観念は出てくるのです!

    1日どころか一週間ほど休んでも食事量を極端に減らしたりしなければ筋肉量の変化は全くなく、モチロンそれは自分でもわかっているのですがいざ休日を作っても

    やらないといけないんじゃないか

    みたいな気持ちが湧いてきてやってしまうのです。

    別にやりたければやればいいのですが、動機が強迫観念では筋トレを楽しくできません!

    仕事で疲れても帰ってきたら筋トレをやってしまうのです。

    疲れて筋トレをやるかどうか悩んでいる時にやってもまともな筋トレなどできはしません!

    私も半年ほどコレに悩み、やっているのにあんまり変わらない体と上達しないフロントレバーに嫌になった事があります。

    こんな状態になると全く筋トレが楽しくなくなり、ただしんどい事を自分のあいた時間を使ってやっているとい苦行になってしまうのです。

    コレが解決できたのは「怪我」をしたおかげです。

    肘に妙な違和感がありさすがにビビって筋トレを4日ほど休んだのですが体はほとんどかわりませんし、あんまりできなかったフロントレバーも現状維持だったので

    こんなもんなのか

    と実感できたのです。

    休むともったいないという気持ちが湧き出るこの「妙な強迫観念」はもの凄い悩みますし、ストレスも凄いです。

    しかし休みたい時は休むべきですし、いつか絶対怪我しますので無理矢理でも理由を作って休んでみましょう。

    そうすれば今まで何に悩んでいたのかアホらしくなるので自信を持って体を休ませましょう!

    怪我

    一番分かりやすく、個人的に一番ウザイ健康被害です。

    筋トレが出来なくなるのでイライラしますがそれは↑に書いたように開き直って休む事も大事です。

    私はごまかしごまかしやったりしますがやるかやらないかは気分です。

    またこのケガは全部が全部悪い事とは思いません。

    休むきっかけ作りにもなりますし、フォームや負荷の調整を考えるきっかけにもなります。

    怪我をしないとわからないこともあるのです。

    そして筋トレをやる以上怪我を前回避する事は出来ません。

    負荷を上げれば上げるほど、プランシェや片手懸垂の練習などキツイ事をやればその可能性はどんどん上がります。

    筋トレをやる以上ある程度は覚悟しないといけないことでもあるのでビビりすぎも良くないのです。

    怪我をしてもしっかりと原因などを考え、次に活かすようにしましょう!

    1発KOされるような怪我をしなければ良いのです!

    血液検査

    病気に良い面があるのは確かですが良くない面があるのも確かです!

    食事の量が増えたりするので血液検査に何かしらの影響が出ると思います。

    私も去年の健康診断で出ましたがそんなに心配するレベルではありませんでした。

    どの程度の影響なら許容できるのかはケガにも言えることなのですが人によって違います。

    健康診断の結果はいつどのようにどんな形で体に影響が出てくるのかがわからないので気になる方は筋トレ自体をかなり長期間で行い、食事の量や栄養バランスを極端に変えないようにした方が良いかもしれません。

    スポンサーリンク

    感じる事は主に悪い事…

    書いてみて思ったのですが思い浮かぶのは主に悪い事なのです。

    そもそも良い状態からちょっとずつ悪くなるので実感できるのは悪くなった事になると言えばそうなんだろうなって感じなのですが、

    個人的に筋トレをやっていて健康に良いと実感できる事はあんまりないと思います。

    しかし筋トレをやっていて一番感じる事は筋肉の成長やフロントレバーなどの技がちょっとずつ出来てくる自分の変化だと思います。

    確かに健康面へのデカくて悪い影響があるかもしれませんが、それを上回る筋トレ自体の楽しさがあるので気にしないです。

    筋トレと健康でした!

    筋トレ健康万能説っぽく言われる事がありますが実際やってみるとハマればハマるほど

    と思う事はあります。

    しかし程度問題ですので自重の腕立てやスクワットくらいならやっていて損は無いと思います。

    何をするにしてもメリット・デメリットがあると思いますので気にしすぎる事が無いようにデカい健康被害は最低避けながら楽しく筋トレしましょう!

    スポンサーリンク
    おすすめの記事