ヒアリって覚えてる?もう大丈夫と思ってる?
スポンサーリンク

ヒアリって覚えていますか?

なんとなく聞いたことあるこのアリ、どうなっているのかと思ったら…

まだいます!

外来種で害があるという勘弁して欲しいアリですが、アリが悪いわけでもないので何とも言えない感じです…

しっかりと対策して難しいとは思いますが持ち込まないようにして欲しいものです。

この記事の内容
日本のヒアリの状況

ヒアリの対策

日本のヒアリ

一番最近発見されたのは東京都江東区で2021年5月25日です(この記事を書いているのは2021年6月3日です)。

この記事を書いている時点ではこの2021年でこの一件でしがこの先どうなるのでしょう?

環境省のコチラ↓のホームページの下のあたりにヒアリの全国確認情という事で2017年からのヒアリが発見された件数と場所を教えてくれるので見ておきましょう!

特定外来生物ヒアリに関する情報

見るとなんとなく増えている気がします。

特に2020年が多いと感じましたが、とは言え2017年からの集計という事であんまり長期では無いのです。

なんとも言えないのであんまり考えないようにしました。

スポンサーリンク

ヒアリの被害とは?

ヒアリの被害は

電気設備・インフラへの被害

農作物への被害

人やペットへの健康被害

など色々あります。

驚いたのは電気設備・インフラ被害への被害です。

内部で巣をつくったりして故障させ、最悪ショートからの火事まで発展するというのでたかがアリとなめてはいけません。

モチロン刺してくるので我々やペットへの被害もあります。

焼けるような痛みや痒み

さらにはじんましん、さらにさらに呼吸困難や血圧低下、アナフィラキシーショックまで起こす本当に危ないアリなのです。

スポンサーリンク

対策法は?

南米中部に生息し貿易などでこのアリは色んな国へばらまかれています。

このアリは現在日本だけではなく

アメリカ

オーストラリア

台湾

ニュージーランド

等世界色んな場所で発見されております。

ニュージーランドは早期対応が上手くいったようで現在ヒアリが拡散している状況ではないらしいのですが、↑に書いたように日本ではちょくちょく発見されています。

日本はヒアリが住み着きそうな場所は徹底的につぶしたり、発見したヒアリは駆除したりといった対策は国が頑張っている最中です。

一応日本で繁殖は成功していないという事なのですが一度繁殖し始めると駆除はかなり大変みたいなのでうまくいくことを願いましょう!

個人の対策としては近づかないとしか言えないです…

とりあえずアリ塚を作るので怪しいブツを見つけたら近づかないようにして、もしヒアリを発見したら行政機関へ即連絡しましょう!

↑に貼り付けた環境省のホームページにヒアリの画像やアリ塚の画像がありますので一度確認しておいてください。

とは言っても普段そこまでアリなんて確認しながら生活していませんし、ヒアリ自体もちょっと赤いので普通のアリとの違いはありますが良く見ないとわからないと思います。

なので個人で見つけたりするのはかなり難しいと思います…

ヒアリでした!

完全に忘れていたこのアリですが、実はまだいるんです。

しかも結構危ないアリなので油断は出来ません!

現在日本の対策は決して失敗という訳では無いのでこのままいけば駆除に成功するかもしれません!

個人での対策はほぼ無理かと思いますがもしヒアリの様なアリを見つけたら即環境省へ連絡しましょう!

やはり外来種は持ち込まないようにする事が一番でしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事