初心者にオススメのダンベルとオススメじゃないダンベルを紹介!
スポンサーリンク

筋トレの道具って何を考えて買えばいいのかよくわからないですよね。

私の初めてのダンベルはドン・キホーテでテキトーに買いましたが買った後に色々考えさせられました。

私は家で筋トレをしているのですが家でやるとなると自分でそろえなくてはなりません。

しかも筋トレ道具は意外に高いのでテキトーに買いそろえるということも出来ません。

そこで色々悩むハメになるのですが私のように後から変に悩むことが無いようにしっかりと調べておきましょう!

この記事の内容
私なりの選考基準3つ

ダンベルの大まかな種類について

選考基準

シンプルに3つの基準を考えました!

お手軽さ

どういう事かと言うと

重量変更がどれだけ楽に出来るか

と言う事です!

恐らく初めてダンベルを買う方はそんなに気にしないと思いますし私の最初は全く気にしていませんでしたがコレはとっても重要です!

鍛える部位の組み合わせや鍛え方によっては頻繁に重量の調節をするハメになりますがコレがめんどいとかなりの手間です!

実際筋トレを続けているとめんどくさがって重量が固定されがちなのです。

しかしこれではちゃんとトレーニング出来ません。

特に足と上腕二頭筋では扱える重量が全く違うからです。

また追い込むために重量を少しづつ下げながら筋トレを行ったりするときも非常にめんどうです。

やり方によってはチマチマ変更するハメになるのです!

そんなの気にしないという方いるとは思いますがほぼ確実にめんどうな気分になると思います!

私もそうでした。

かなり重要な問題ですがやってみないと実感できないやっかいな問題でもあるのでダンベルを買う前からしっかりと考えておきましょう!

値段

モチロン大事です!

物によっては万を軽く超えてくる恐ろしいダンベルも存在するのです。

ですがそういうダンベルはとっても便利なので安ければいいという物ではありません!

これはダンベルだけに言える事ではありませんね。

色々調べて自分の財布事情、機能など色んな面を考えながら何が必要か考えましょう!

値段だけで決め手は絶対にいけません!

重さ

初めて買うから5㎏くらいから…

と安易に考えてはいけません!

上腕二頭筋や三角筋なら5㎏スタートでもいいと思いますが、脚や背中や胸になると5㎏ってかなり軽いのです!

色んな部位と自分の成長具合に調整できるので凄い極端に言うと重ければ重いほど良いという事になります!

これはかなり極端に言っています!

とは言えさすがにいきなり40㎏は…

となると思いますので20㎏くらいはそろえておいた方がいと思います!

ダンベルの種類によってはプレートを買い足して重さを増やす事も出来ますので!

スポンサーリンク

オススメ度.3 ワンタッチ可変式ダンベル

コレは即座に重量変更が出来る驚愕のダンベルです!

私が持っているタイプはバーを刺したり抜いたりして調節するブロックタイプの物です↓

 

またこんなタイプもあります↓

¥23000円もしますが15段階の重さ調節可能でダイヤル式です。

このタイプのダンベルは結構なお値段がします、というか物によっては結構じゃすまない値段です。

しかしかなり便利でコレを使いだすと他のダンベルはもはや重量固定になるでしょう。

ただし一般的にイメージするダンベルと形がちょっと違うので種目によってはやりづらく感じるかもしれません。

値段は張りますが筋トレがスムーズに行えるので出来るだけコチラを購入するべし!

ダイヤル式がなんとなくカッコいいですがどれも値段が高いです!私のブロックタイプでも十分使えますしプッシュアップバーにも使えますので自重トレーニングを並行している方にもオススメです!

スポンサーリンク

オススメ度.2可変式ダンベル

イメージしやすいネジでプレートを固定するタイプ普通のダンベルです。

値段も数千円からなのでとてもお得。

しかしプレートの付け替えがかなりめんどうです…

私は10㎏と13㎏で固定して両端を握ってバーベルっぽく使ったりしています。

物によってはシャフトを伸ばしてちゃんとバーベルの様な使い方が出来るダンベルもありますね

もしダンベルを買うならこのような使い方が出来るダンベルを買う事をオススメします!

普通に使うとしたら↑のワンタッチ式が便利すぎて勝てませんので使い分けを考えましょう!

しかしシャフトが折れないかちょっと心配です…

私はこのバーベルみたいな使い方が出来るダンベルは持っていないので何とも言えないのですが買う時は他のサイトやレビューをよく見ましょう!

オススメ度.1鉄アレイ

重さの変更が出来ません!↓

 

安いのですが何種類も重さをそろえないといけないので結局それなりのお値段がかかるでしょう。

そうなると置き場にも困りますので最悪でも↑の普通の可変式ダンベルの購入をオススメします!

基本的あんまりお勧めしません。

他の基準について

他にはグリップの材質や見た目などの要素があるでしょうか?

最初から色々な要素を含めると考えをまとめる事が大変なのである程度絞って考えましょう。

私の場合は

プレートの付け替えやすさ

値段

プレートの枚数

となりました。

この辺は人によっていろいろ考えが違ってくると思うので色々調べてみましょう!

オススメダンベルでした!

ダンベルと言えど色々ありますから結構悩むと思います。

とりあえずお金に余裕があるならワンタッチ式をオススメします!

鉄アレイは出来るだけ止めておきましょう!

家でトレーニングしている方は自重オンリーで行うか道具を買うか迷う事もあると思いますがよほどのこだわりが無ければ道具を買う事をオススメします。

また特にこだわりが無ければプロテインも考えておきましょう。

プロテインも味が色々ありやたら悩みますがなんだかんだ無味がオススメです。

最初はまずく感じますが慣れます!

スポンサーリンク
おすすめの記事