アイキャッチ画像
スポンサーリンク

セアカゴケグモってどうなったのでしょう?

いつの間にかに落ち着いたと思っていたら実はしっかりと日本に広がっていたのです!

毒グモという事であんまりいい気はしないこのクモ。

この記事の内容
現在日本でどうなっているのか?

このクモの特徴について

調べてきました!

セアカゴケグモについて

セアカゴケグモの特徴

オーストラリア原産の外来種でメスの体長は1㎝前後、オスの体長は0.3~0.5㎝のとても小さいクモです。

雨風が当たらないような狭い場所で不規則な形の巣を張るのでもし狭い場所で変な形の巣を見かけたら…

ちなみにこんな見た目です↓

セアカゴケグモの写真

写真はウィキペディアから引用しました↑

毒があると言うと危ないイメージですが性格事態は大人しくこちらから触ろうとしない限り向こうから噛んでくる事は無いという事なので接触する機会はかなり限られてくると思いまます。

恐ろしい外来種です!

セアカゴケグモのオスとメスの違い

メスの方がオスより大分大きく、↑の写真のようによく知られている真っ黒の体に赤い模様もメスが持っている物です。

他のクモのように交尾後オスはメスに食べられる事が多いという悲惨な生きざまです…

また危険な毒もメスが持っていてオスは人間に対して有害となる毒を持っていないと言われています。

 

噛まれた時の症状

噛まれた場所が

  • 熱も持つ
  • 赤くなる(紅斑)
  • 硬くなる(硬結)
  • 腫れる

などの症状があります。

症状は数時間から数日で軽減しますが頭痛、脱力、筋肉痛、不眠などの少女が数週間続くこともあり重症化すると筋肉麻痺がおこる場合もあります。

そしてアナフィラキシーショックまで起こることも…

しかし重症化しても死ぬほどの強力な毒ではなく、オーストラリアで死亡例がありますが日本ではありません。

また血清が出来た後の死亡例は確認されていません。

噛まれた後の対処方法

重症化したら血清が必要になりますので噛まれたら即病院に行きましょう!

多分大丈夫だろうと自分で判断しないように!

また噛まれたらクモを殺して病院に持っていきましょう。

その方が毒の特定がしやすく治療に役立ちます!

市販の殺虫剤で駆除出来ますし出来れば屋外作業をする時は軍手を装備しておきましょう!

 

スポンサーリンク

日本でのセアカゴケグモ

47都道府県のうち44まで生息地を広げています。

つまり日本のほとんどの地域に生息しております!

セアカゴケグモが日本にやってきた経路について

セアカゴケグモが日本で発見されたのは1995年11月大阪府高石市です。

その経緯は貿易で行き来する資材やコンテナにくっついて日本に侵入したと考えられています。

そこから日本で徐々に生息地を広げて現在に至ります。

↓はウィキペディアにあった日本での生息地です。

2015年とちょっと古いですが、2020年7月での未発見地域はなんと2件だけです!

  • 北海道
  • 本州(29都府県:宮城県、岩手県、福島県、群馬県、茨城県、栃木県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、愛知県、静岡県、山梨県、岐阜県、三重県、京都府、大阪府、滋賀県、石川県、福井県、新潟県、奈良県、和歌山県、兵庫県、広島県、島根県、岡山県、鳥取県、山口県)
  • 四国(4県:香川県、徳島県、高知県、愛媛県)
  • 九州(7県:福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、宮崎県、熊本県、鹿児島県)
  • 沖縄(沖縄県)

ちなみにこちらに書いてある都道府県全体にまんべんなく生息しているわけではないです。

区や市町村単位だと生息していない場所もモチロンあります。

一部では定着していると考えられているので完全に除去する事は難しいかもしれません…

こうやって書くと外来種が全て悪みたいに思われるかもしれませんが別にそういうわけではありません。

身近に存在している意外な物まで外来種だった入りするので

外来種=全て悪い生物とは思は無いようにしましょう!

セアカゴケグモがいそうな場所

日本では4月から10月にかけて発生が多くなります。

  • 家の周りでは
  • 花壇や植木鉢の持ち手の裏
  • 外に置いてある靴の中
  • 室外機の裏
  • 自転車のサドルの裏

など狭くて見づらい場所に巣をつくっている事があります。

特にお子さんが遊ぶ場所は注意しましょう。

遊具などの裏側にいるかもしれません!

セアカゴケグモを見つけたら

攻撃的では無いのですが一応毒もありますし、放っておいたらどこでどんな害があるかわかりません。

駆除くするときは素手では触らないように!

殺虫剤や靴で踏むなどの物理攻撃で駆除できます!

このクモが自分から噛みに来ることはほぼ無いので人に害がありそうな場所に巣をつくっていなければ放っておくのも良いと思います。

どうしていいかわからなくなったらお住まいの保健所などに連絡してみましょう!
日本から確実にいなくなる日恐らく来ないので普段から噛まれないようにしておきましょう!
スポンサーリンク

セアカゴケグモでした!

毒を持っているクモですが大人しく重症化しても血清があるのでそこまでビビるひつようは無いと思います。

しかし見た目がちょっといかにもなので気味が悪い事は確かです…

もしかしたら家の周りの室外機の裏やプランターの取っての裏にいるかもしれませんので持ち運びをする時は軍手などをつけておきましょう!

現在日本の色んな所い広がっているので恐らく完全に駆除する事は難しいと思います。

別にこのクモが悪い存在だとは思いませんが、人間の為にも人間以外の生物の為にもこれ以上外来種が増えないように願いたいものです…

外来種はこうやって増えます↓

スポンサーリンク
おすすめの記事